【ウィリアムヒル】ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016決勝:レアルか?アトレティコか?ブックメーカーが注目のオッズを発表!

クリスティアーノ・ロナウド

ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016の決勝戦が日本時間の29日午前3時45分から、ミラノのスタディオ・サン・シーロで行われます。対戦カードは一昨年(2014年)と同じく、レアル・マドリード対アトレティコ・マドリードの“マドリード対決”となりました。

【ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016決勝トーナメント表】
ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016決勝トーナメント表
ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016決勝トーナメント表
※「サンスポ」より抜粋

ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016決勝 ロゴ2014年の決勝では、アトレティコが後半ロスタイムに追いつかれ、延長戦で力尽きて惜敗しました。当時アトレティコはダークホース的存在で下馬評はレアルの方が高く、敗れはしたもののアトレティコは善戦したというのが大方の見方です。しかし、今年はレアルの方が優勢と見られているもののアトレティコにも十分可能性があるという意見が多く、両者の実力は拮抗しているとみられていると言ってもいいでしょう。

【ヨーロッパチャンピオンズリーグ2014決勝】

危なげなく勝ち上がってきたレアル

レアル・マドリード

決勝まで勝ち残ったレアルですが、準々決勝ファーストレグでウォルフスブルクに0-2で敗れるというまさかの大苦戦を強いられることになりました。セカンドレグは試合開始から攻めるしかないレアルが前半15分に先制点を挙げると、勢いそのままに2分後の17分に追加点を挙げ試合を振り出しに戻しました。この試合ではクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを決めるという神がかり的活躍を見せ、3-0で快勝して準決勝にコマを進めました。

<関連記事>
チャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグ2016決勝トーナメント:優勝オッズでCLはバルサ、バイエルン&レアル、ELは香川のドルトムント有力!

終わってみれば、順当勝ちしたとはいえここで苦しんだ経験は準決勝にいかされ、ファーストレグでマンチェスタ-・シティーとスコアレスドロー、アウェーゴールを奪えないという嫌な展開になったにもかかわらず、セカンドレグでは前半20分にリードを奪いファイナルに進むことが出来ました。強豪チームが逆のブロックに固まったとはいえ手堅く勝利を掴んだと言ってもいいでしょう。

ジネディーヌ・ジダン

レアルの監督はご存知ジネディーヌ・ジダンです。若いにもかかわらず超スター軍団の統率を可能にするのは、彼の過去の功績が根幹にあると言っていいでしょう。そして試合は間違いなくロナウドを中心とした攻めで相手のゴールに向かっていくことでしょう。前半から積極的にゴールを狙っていくことが予想されますが、誰が出ても力は衰えないので後半もしくは延長戦を視野に入れても優位に試合を運ぶことが出来ます。リードした時にどう動くのか、リードされた時にどういう采配を見せるのかというのは見ものです。

http://www.wedgies.com/question/57419081a417d21c000847a8

強豪を撃破し続けたアトレティコ

アトレティコ・マドリード

一方、アトレティコは常に綱渡りの連続でした。決勝リーグ1回戦の相手はオランダのPSV。初戦に相手のFWペレイロが退場するも決め手を欠き、スコアレスドローに終わります。セカンドレグも相手ゴールをこじ開けることができません。後半11分には状況を打開しようとフェルナンデスに変えフェルナンド・トーレスを投入するも実らず。結局120分闘っても両チームゴールを割ることが出来ずにPK戦へ。PK戦ではお互い7人全員が成功する展開に。最後にPSVのキッカー、ナルシンフが失敗し、アトレティコが準々決勝へ進出しました。

アントワーヌ・グリエスマン

準々決勝では同国のバルセロナと激突。ファーストレグを1-2で落とすもセカンドレグではアントワーヌ・グリエスマンが大ブレイク。2得点を奪い2試合合計3-2とし、バルセロナを撃破しました。準決勝では抜群の安定力を見せるドイツのバイエルンミュンヘン。ファーストレグでは前半11分に奪ったサウルのゴールを守りきり1-0で勝利します。勝利を得たことと同時に1-0で勝利したことによりアウェーゴールを奪われなかったことも明るい材料の一つでした。セカンドレグでは準々決勝で2得点を挙げたグリエスマンがまたも大仕事をやってのけます。1-0で負けていたが後半53分にグリエスマンのゴールによりこの試合1-1に。アウェーゴールの関係上2得点を奪わないとファイナルに進めないバイエルンは猛攻に出ます。しかし、全員守備でその後何とか1失点で抑えたアトレティコは2試合合計で2-2となったものの、アウェーゴール方式によりファイナルにコマを進めることが出来ました。

ディエゴ・シメオネ

アトレティコの監督はディエゴ・シメオネです。選手時代から闘争心むき出しで相手がだれであろうとひるまず立ち向かっていく姿勢が印象的です。ジダンに向かうシメオネはまさにレアルに向かうアトレティコに投影できるのではないでしょうか。シメオネ監督が作り上げた最強のインテンシティが再び(一昨年同様)レアルに牙をむくことは間違いないでしょう。

レアルか?アトレティコか?

ウィリアムヒル世界的有名なブックメーカー「William Hill(ウィリアムヒル)」が決勝戦のオッズを発表したので見てみましょう。

【ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016優勝オッズ】
ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016優勝オッズ
※オッズは22日午後9時現在

優勝オッズを見ると、レアルが1.73倍、アトレティコが2.10倍とレアル優勢という見方が強いです。しかし、ほとんど差がないというのも事実です。アトレティコがバルセロナやバイエルンと言った超強豪チームを倒したということが偶然ではないと見られていて、シメオネ監督がチームを「レアルに対して互角に渡り合えるチームを作り上げた」と自信を見せています。

ちなみに90分の試合でと言うことに限れば、レアル勝利が2.40倍、ドローが2.90倍、アトレティコ勝利が3.00倍となっています。延長戦は含まれないため、ドロー(引き分け)という選択肢も登場します。

【ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016決勝 90分での結果のオッズ】
ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016決勝 90分での結果のオッズ
※オッズは22日午後9時現在

今度はファーストスコアラーについて見てみましょう。この決勝戦でどの選手が最初にゴールを決めるかというオッズです。レアルで最初にゴールされると予想されているのはやはりロナウド(4.50倍)です。続いて、ベンゼマ(6.00倍)、ギャレス・ベイルとヘセ・ロドリゲス(ともに、7.50倍)となっています。一方、アトレティコはグリエスマン(6.50倍)、フェルナンド・トーレス(7.00倍)、コレア(8.00倍)となっています。

【ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016決勝、ファーストスコアラーオッズ】
ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016決勝、ファーストスコアラーオッズ
ヨーロッパチャンピオンズリーグ2016決勝、ファーストスコアラーオッズ
※オッズは22日午後9時現在

ロナウドが断トツの一番人気で、あとはオッズが拮抗しています。ロナウドが先制点を取るのか?他の選手がお株を奪うのか?はたまた、スコアレスドローで最後までいってしまうのか?欧州ナンバー1クラブチームが29日に決まります。

タイトルとURLをコピーしました