【ウィリアムヒル】全豪オープンテニス2016で錦織は優勝オッズ6番手!!錦織圭がグランドスラム初制覇に挑む!

錦織圭

錦織圭の2016年グランドスラム初制覇への挑戦がいよいよスタートします。オーストラリアのメルボルンにあるロッド・レーバー・アリーナを主会場に行われる全豪オープンテニス2016が、18日に開幕します(日程:18日~31日)。

昨年の全豪オープン男子シングルスを制したのは、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチで、オープン化されて以来最多となる5勝目を挙げました。多くのトップ選手が北半球を拠点としており、1月の南半球は真夏の盛りで、コンディショニングが非常に難しく番狂わせも起こりやすいと言われる中で、実力を発揮したジョコビッチの強さが際立った大会でもありました。

【全豪オープンテニス2015男子シングルス決勝】


この5大会で2011年から2013年までの3連覇を含めて4勝を挙げている絶対王者のジョコビッチを誰が倒すのか?ここが今回の全豪オープンの注目点だと思います。14日に全豪オープン2016の男子シングルスのシード順が発表され、第1シードはジョコビッチ、第7シードに錦織が入りました。

【全豪オープンテニス2016男子シングルスシード順(トップ8)】
第1シード:ノバク・ジョコビッチ
第2シード:アンディ・マレー
第3シード:ロジャー・フェデラー
第4シード:スタン・ワウリンカ
第5シード:ラファエル・ナダル
第6シード:トマス・ベルディヒ
第7シード:錦織圭
第8シード:ダビド・フェレール

錦織はやっぱりすごいなと思います。2015年シーズンは世界ランクトップ5から漏れてしまったものの、しっかりとトップ10をキープするなど安定感を見せてくれました。グランドスラムでは、2014年の全米オープン決勝進出など偉業こそなかったものの、全豪オープンベスト8、全仏オープンベスト8、ウィンブルドン2回戦(棄権)、全米オープン1回戦と後半戦はケガにも苦しみましたが、トップ8の力は発揮しました。2016年こそは悲願達成へと歩みを進めてくれるでしょう。

【全豪オープンテニス2016男子シングルスドロー(組み合わせ)】
全豪オープンテニス2016男子シングルスドロー(組み合わせ)
※「WOWOW Tennis Online」より抜粋

フィリップ・コールシュライバー

15日に行われた組み合わせ抽選会で第7シードの錦織圭は、1回戦で世界ランク34位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と対戦することが決まりました。錦織は順当に勝ち上がっていけば、4回戦で同10位のジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)と、準々決勝では前回王者のジョコビッチ(セルビア)と対戦することになるでしょう。ジョコビッチと同じ山に入るとは・・・とため息をつかれた方もいらっしゃるでしょうが、錦織ならやってくれると思います。

ウィリアムヒルさあ、錦織のグランドスラム初優勝なるのか?日本語対応の英国老舗ブックメーカー「William Hill(ウィリアムヒル)」が全豪オープン2016男子シングルス優勝オッズを発表していますので見てみましょう。

【全豪オープンテニス2016男子シングルス優勝オッズ】
男子シングルス優勝オッズ
※オッズは15日正午時現在

ノバク・ジョコビッチ

優勝最有力は、やはりジョコビッチで1.67倍のオッズが付いています。2番手には昨年のファイナリストであるマレーが6.00倍であとを追います。3番手にはグランドスラム最多の17勝を誇るフェデラーで11.00倍、4番手にナダルとワウリンカで13.00倍、6番手に錦織が34.00倍つけています。錦織のオッズはドロー発表前は23.00倍でしたので、厳しい山に入ったことを受けてオッズが変動したものと思われます。とはいえ、ジョコビッチを中心に錦織までの6選手が優勝争いを行うのではないかと考えられます。

http://www.wedgies.com/question/56984f0049047a100081d55f

過去5年の錦織の全豪オープンの成績は、2011年が3回戦、2012年が準々決勝、2013年と2014年が4回戦、そして2015年が準々決勝とトップ8入り2回を含め通算16勝6敗(勝率.73)とグランドスラムの中で最も勝率のいい大会となります。

【錦織圭2015ハイライト映像】


錦織は昨年の全豪オープンで、4回戦でフェレールに3-0のストレート勝ちを収めて自身2度目となるベスト8入りを決めましたが、準々決勝でワウリンカにストレート負けを喫し、初の4強入りを阻まれました。錦織はグランドスラム初制覇に向けてまずはベスト8の壁をぶち破る必要がありますね。今回は世界で最も高い壁であるジョコビッチがベスト4進出には乗り越えなければならない壁となっています。

全豪オープンテニス最新オッズ

2016年の開幕戦となったブリスベン国際では、第2シードで出場したが準々決勝で地元・オーストラリアの世界ランク18位バーナード・トミックにフルセットの末に敗れました。しかし、あくまで全豪オープンで世界の頂に立つことが重要で「常にトップ5に入れるような位置になるべくいたい。これからもっと大きなタイトルが確実に必要になってくる」とかつてコメントしていた錦織は、グランドスラム初優勝が見えています。いずれにせよ、ビッグ4(ジョコビッチ、マレー、フェデラー、ナダル)を崩さない限りはビッグタイトルを取ることができない錦織なので、ここで世界トップの座にいるジョコビッチを破ることができれば、2016年の飛躍に大きな弾みがつきそうな気がします。

セリーナ・ウィリアムズ

全豪オープン2016女子シングルスの優勝オッズもブックメーカー「ウィリアムヒル」から発表され、第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)が最有力の3.75倍、そのあとをビクトリア・アザレンカが5.00倍、シモーナ・ハレップが8.00倍、マリア・シャラポワが10.00倍で追っています。

【全豪オープンテニス2016女子シングルス優勝オッズ】
女子シングルス優勝オッズ
※オッズは15日正午現在

タイトルとURLをコピーしました