【Paddy Power】ロード世界選手権2016:ブックメーカーの優勝オッズで昨年王者のサガンとカヴェンディッシュが最有力候補!

昨年の選手権を制したペーター・サガン

世界ロード選手権ロゴ「世界選手権自転車競技大会ロードレース」は今年10月9日から10月16日まで、カタールのドーハで開催されています。大会のスケジュールは以下です。男子エリートロードレースは16日に開催されます。

【世界選手権自転車競技大会ロードレース日程】
10月9日 UCI女子チームタイムトライアル(40km)
UCI男子チームタイムトライアル(40km)
(※UCI登録チーム単位)
10月10日 女子ジュニア個人タイムトライアル(13.7km)
男子アンダー23個人タイムトライアル(28.9km)
10月11日 男子ジュニア個人タイムトライアル(28.9km)
女子エリート個人タイムトライアル(28.9km)
10月12日 男子エリート個人タイムトライアル(40km)
10月13日 男子アンダー23ロードレース(165.7km)
10月14日 女子ジュニアロードレース(74.5km)
男子ジュニアロードレース(135.3km)
10月15日 女子エリートロードレース(134.1km)
◎10月16日 男子エリートロードレース(257.3km)

そして、この灼熱のドーハのコースは、人工島ザ・パールで起伏がほとんどないコースです。早速紹介動画あるのでご覧ください。

【世界ロード選手権2016コース紹介】


天候によっては、海沿いで風の影響をもろに受けるタフなコースになるのか、それとも風もなく暑さとの戦いの反面起伏もないためロード世界選手権らしい超高速レースが展開されるコースになるのか、ドーハの天気はどのような舞台を用意するのでしょうか。

さて、前年の「ロード世界選手権2015」はアメリカのリッチモンドで開催され、男子エリートはスロバキアのペーター・サガンが制覇しました。国別対抗で行われるこのレースではスロバキアは出場者が3人しかおらず、サガン個人の力が有力国のエースを封じた結果と言えるでしょう。

Paddy Power Logo今年は果たしてどのようなレースになるのでしょうか?早速ブックメーカー「Paddy Power」のオッズを見てみましょう。

【ロード世界選手権2016優勝オッズ】
世界ロード選手権2016優勝オッズ
世界ロード選手権2016優勝オッズ2
※オッズは13日正午現在

今年の優勝候補筆頭は5.50倍のオッズでやはりペーター・サガンです。ただ、同率でマーク・カヴェンディッシュも並んでおり、この二人を軸に混戦模様と言えそうです。先ほど昨年のレースをおさらいしましたが、サガンは3人枠のスロバキアチームで優勝し、かつ今年の「ツール・ド・フランス」でも3勝をあげるなど前年度からの実績も十分に積み上げており、連覇の可能性も十分あるでしょう。やはり不安は3人枠チームでの出場ということに尽きそうです。

カヴェンディッシュ

かたや、カヴェンディッシュはイギリス代表で9人枠という恵まれたチームで出場できます。かつ、こちらも「ツール・ド・フランス」では4勝をあげ、リオデジャネイロオリンピックではMTBXCに出場したサガンが話題になりましたが、しっかりとカヴェンディッシュはオムニアム で2位となり銀メダルを獲得しました。平坦なスピード勝負でサポートにも恵まれるカヴェンディッシュが優勝候補筆頭かもしれません。

http://www.wedgies.com/question/2016-fkv3r2w33j

ここに続く今年のレースの3番手候補は、6.00倍でドイツのアンドレ・グライペルとなっています。

アンドレ・グライペル

ドイツは最大9人枠を得ることのできるこのレースにおいて6人枠です。ということは、9人枠の各国と比べてればもちろんディスアドバンテージということになります。それにもかかわらずオッズ上位に押されているということはこの力が強い6人が揃っているという見解のようです。そして、オッズ4番手(8.00倍)もドイツのマルセル・キッテルということがそれを象徴していると思います。

マルセル・キッテル

ロードレースのレース展開から、なかなか同一チームの1位、2位フィニッシュはありませんが、2枚エースという形で理想的な展開になればドイツの1位、2位フィニッシュもあるかもしれません。

フェルナンド・ガビリア

そして、5番手に入ったのが、コロンビアのフェルナンド・ガビリア(9.00倍)です。コロンビアは9人枠のチームのためアドバンテージがあり、やはり何と言っても22歳という若さがこのオッズに影響を与えていそうです。

さて、最後に日本勢を紹介したいと思います。

新城幸也

「日本勢」は2人枠ということでチームという点ではかなり不利な人数です。しかしながら、今回選ばれた別府史之と新城幸也は2人ともスプリント能力が高く、新城は「ロード世界選手権2010」で9位となっており、オッズでは下位(501.00倍)になっていますが、自己最高を目指して活躍を期待したいと思います。

別府史之

今年はオリンピックなど1発勝負のレースで予測できないドラマが起こっています。今回のドーハのレースも特徴的なコースもあり観客を興奮させてくれる筋書きのないドラマに期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました