【ブックメーカー】ボクシングフェス2017:村田諒太がWBA世界ミドル級王座へ挑戦!エイダム戦オッズは村田優勢!井上尚弥、八重樫東ら世界戦にも期待

2017年5月18日

WBA世界ミドル級王座決定戦に挑む村田諒太

ついにやってきました、ボクシングフェス2017。5月20日、21日の二日間に渡って、東京・有明コロシアムで開催されるボクシングのビッグイベントです。

ベット365この二日間で、実に5試合もの世界タイトルマッチが行われます。どの試合も魅力的なのですが、その中でも注目するべき3つの試合を紹介していきます。イギリスの人気ブックメーカー「bet365」がオッズを発表していますので紹介します。

アッサン・エンダムVS.村田諒太

【WBA世界ミドル級王座決定戦オッズ】
WBA世界ミドル級王座決定戦オッズ
※オッズは18日午前7時現在

WBA世界ミドル級1位のアッサン・エンダム(フランス)と、WBA世界ミドル級2位の村田諒太(帝拳)によるWBA世界ミドル級王座決定戦が5月20日のボクシングフェス2017のメインイベントとして行われます。

アマチュア実績も豊富な元WBO世界ミドル級王者アッサン・エンダムと、2012年ロンドンオリンピック・ミドル級金メダリストであり日本の国民的スターの村田諒太が対戦します。

ブックメーカー「bet365」が発表したオッズでは、エンダムが3.00倍、村田が1.36倍と、世界初挑戦ながら村田有利の見方が強いようです。

アッサン・エンダム(37戦35勝(21KO)2敗)

アッサン・エンダム

<世界タイトル>
WBA世界ミドル級暫定(2010年)
WBO世界ミドル級暫定(2012年)
WBO世界ミドル級王座(2012年)
WBA世界ミドル級暫定(2016年)

村田諒太(12戦12勝(9KO))

村田諒太

<アマチュア戦績>
138戦119勝(89KO・RSC)19敗
日本国内13冠
2012年ロンドン五輪ミドル級金メダル他

bet365」のオッズでは村田有利の見方ですが、プロでの世界戦経験が豊富で、アマチュア実績もあるエンダムは侮れません。

メリンドはプロ37戦というキャリアがありますので、ベテランとして試合巧者ぶりや老獪さを発揮してくるでしょう。村田は左のリードパンチを駆使して、得意の右ストレートにつなげられるかが勝負の鍵となりそうです。

判定にもつれこむとエンダム有利、KOなら村田有利ではないかと予想されます。村田はKO率75%、エンダムはKO率60%といずれも高い数値を示していることから、KO必至の戦いが繰り広げられそうです。

八重樫東VS.ミラン・メリンド

【IBF世界ライトフライ級タイトルマッチオッズ】
※オッズが発表され次第更新します。

ボクシング最新オッズ情報(bet365発表)

IBF世界ライトフライ級王者の八重樫東(大橋)と、IBF世界同級暫定王者のミラン・メリンド(フィリピン)によるIBF世界ライトフライ級タイトルマッチが、5月21日のセミファイナルで行われます。

日本が誇る「激闘王」八重樫東が、フィリピンの実力派ボクサーであるミラン・メリンドを挑戦者として迎えます。

八重樫東(30戦25勝(13KO)5敗)

八重樫東

<世界タイトル>
WBA世界ミニマム級(2011年)
WBC世界フライ級(2013年)
IBF世界ライトフライ級(2015年)

ミラン・メリンド(37戦35勝(12KO)2敗)

ミラン・メリンド

<世界タイトル>
IBF世界ライトフライ級暫定(2016年)

メリンドは、インターナショナルタイトルやアジアタイトルなどを獲得していますが、世界タイトルはIBF世界ライトフライ級暫定王座のみ。八重樫に比べると、世界レベルでの実績は少し物足りないです。

対して八重樫は、ミニマム級、ライトフライ級、フライ級の世界タイトルを獲得している世界三階級制覇王者。世界トップレベルのボクサーとして、十分な実績を持っています。

実績だけではなく、スピードが武器の八重樫は、総合力でもメリンドを上回っているでしょう。激闘王というニックネームを持ちながらも、フットワークと技術を駆使して、華麗な試合運びを見せることもできます。

メリンドは、29歳ながら37戦という豊富な試合経験を持っています。このキャリアを活かして、いかに八重樫を撹乱させられるかが勝負の鍵となりそうです。

八重樫を上回る試合戦績と勝率を持つメリンドですが、判定、KOにおいても八重樫が有利ではないかと予想されます。

井上尚弥VS.リカルド・ロドリゲス

【WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチオッズ】※19日午後5時更新
WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチオッズ
※オッズは19日午後5時現在

ボクシング最新オッズ情報(bet365発表)

WBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)と、WBO世界同級2位のリカルド・ロドリゲス(メキシコ)によるWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが5月21日のメインイベントとして行われます。

日本のみならず、世界的評価も高い「怪物」井上尚弥が、メキシコのホープであるリカルド・ロドリゲスを挑戦者として迎えます。ブックメーカー「bet365」発表のオッズでは、井上勝利が1.020倍に対してロドリゲス勝利が15.00倍となっています。

井上尚弥(12戦12勝(10KO))

井上尚弥

<世界タイトル>
WBC世界ライトフライ級(2014年)
WBO世界スーパーフライ級(2014年)

井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日~)は、日本の男性プロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。ホリプロとマネジメント契約。

リカルド・ロドリゲス(19戦16勝(5KO)3敗)

リカルド・ロドリゲス

ロドリゲスは、世界タイトル獲得の経験が無く、井上からすると普通の挑戦者です。

圧倒的なパワーとスピードを持つ井上に対し、ロドリゲスはやはり見劣りしてしまいます。ロドリゲスは、変則的なボクシングや、ラフファイトに持ち込まなければ勝利は薄いでしょう。順当に行けば井上のKO勝ちが期待されます。

井上が中盤以降のKO勝ち、判定においても井上が有利ではないかと予想されます。

Summary
Article Name
【ブックメーカー】ボクシングフェス2017:村田諒太がWBA世界ミドル級王座へ挑戦!エイダム戦オッズは村田優勢!井上尚弥、八重樫東ら世界戦にも期待
Author
Description
ボクシングフェス2017注目カードのブックメーカーオッズを発表。村田諒太がWBA世界ミドル級王座挑戦。八重樫東、井上尚弥らの戦いに期待。

【関連情報】
bet365 バナー
bet365 概要
bet365 登録方法
bet365 登録方法(スマホ)
bet365 本人確認(KYC)
Entropay からbet365 に入金
NETELLER からbet365 に入金
Skrill(Moneybookers) からbet365 に入金
bet365 BET方法
bet365 出金方法
VitalBet バナー
VitalBet 概要
VitalBet 登録方法
NETELLER からVitalBetに入金
Skrill(Moneybookers)からVitalBetに入金
VitalBet BET方法
VitalBet 出金方法

EntroPay
EntroPay 登録方法と入金方法

ecoPayz
ecoPayz 登録方法と入金方法

【問い合わせ】http://bookmaker-info.com/contact

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です