【bet365】チャンピオンズカップ2018:3歳馬強し?ルヴァンスレーヴがブックメーカー発表オッズで1番人気!

2018年11月29日

チャンピオンズカップ

圧倒的なパフォーマンスを見せるのではないかと、レース前から競馬ファンが心待ちにしていたジャパンカップ。しかし結果は、そんな競馬ファンの誰しもの予想をはるかに超える「世界レコード決着」。

レース後に勝利したアーモンドアイ陣営からは「世界に行かなければならない馬」とのコメントも聞かれ、来年の競馬界にまたひとつ新たな楽しみが増えました。

そして迎える今週末中京競馬場で開催されるのが、今年一年のダートチャンピオン決定戦であるチャンピオンズカップ(G1、1800㍍・ダート)です。

【チャンピオンズカップ2018枠順】
1-1 アンジュデジール(牝4、横山典弘・昆貢)
2-2 ルヴァンスレーヴ(牡3、M.デムーロ・萩原清)
2-3 パヴェル(牡4、M.グティエレス・L.モラ)
3-4 アポロケンタッキー(牡6、小牧太・山内研二)
3-5 ノンコノユメ(セ6、内田博幸・加藤征弘)
4-6 アスカノロマン(牡7、太宰啓介・川村禎彦)
4-7 サンライズノヴァ(牡4、戸崎圭太・音無秀孝)
5-8 ケイティブレイブ(牡5、福永祐一・杉山晴紀)
5-9 サンライズソア(牡4、J.モレイラ・河内洋)
6-10 センチュリオン(牡6、吉田隼人・田村康仁)
6-11 オメガパフューム(牡3、C.デムーロ・安田翔伍)
7-12 ウェスタールンド(セ6、藤岡佑介・佐々木晶三)
7-13 ミツバ(牡6、松山弘平・加用正)
8-14 ヒラボクラターシュ(牡3、四位洋文・大久保龍志)
8-15 インカンテーション(牡8、三浦皇成・羽月友彦)
※29日午後11時更新

先週末のジャパンカップを勝利したのは「3歳馬」のアーモンドアイでしたが、今週末のチャンピオンズカップも同じく3歳馬がカギを握ることとなりそうです。

bet365先週と同じく、今週も若駒VS古馬の対決が非常に楽しみなチャンピオンズカップ。有力出走各馬のご紹介に移る前にまずはブックメーカー「bet365」が発表しているオッズをご確認いただきましょう。

【チャンピオンズカップ2018オッズ】
無題
※オッズは29日午後11時現在
bet365 登録方法

「チャンピオンズカップ2018最新オッズ情報」 by bet365

2.62倍で強豪古馬たちを抑え1番手評価となったのが3歳馬のルヴァンスレーヴ(Le Vent Se Leve)。

ルヴァンスレーヴ

ここまで通算7戦6勝2着1回、2歳ダート王者を決める全日本2歳優駿(G1、1600㍍・ダート)。そして、3歳ダート王者を決めるジャパンダートダービー(G1、2000㍍・ダート)を勝利し、迎えたマイルチャンピオンシップ南部杯(G1、1600㍍・ダート)。

並みいる強豪古馬相手ということもあり、ルヴァンスレーヴは初めて「2番人気」に甘んじましたが、その評価を見事にはねのけ、完勝と言える結果で史上初の3歳馬による南部杯制覇を達成することとなりました。

地方馬が約半数出走していた前走や前々走と違い、今回は現役を代表するダートホースが一堂に会するという点では、前走よりも厳しいレースになることは明らかなだけに、そういった場数を踏めていない点は古馬に比べるとマイナス面であるといえます。

ルヴァンスレーヴと並び、3歳トップレベルと称されているのがオメガパフューム(Omega Perfume)。こちらも、7.00倍となかなかの評価を受けました。

オメガパフューム

ジャパンダートダービーではルヴァンスレーヴに敗北を喫したものの、古馬に混じりシリウスステークス(G3、2000㍍・ダート)を制し、JBCクラシック(G1、1900㍍・ダート)においてもしっかりと見せ場を作っての2着という結果でした。

ルヴァンスレーヴと異なる点はこれまで中央の条件戦や重賞レースで古馬たちと十二分に渡り合ってきたという経験値の部分。夏の借りを成長を遂げたこの冬でキッチリと返したいところでしょう。

ただ気になるのは、ここ2戦手綱をとってきた和田騎手が負傷の為、C.デムーロ騎手へと鞍上が変ったという点。

Cデムーロ騎手

昨年は重賞4勝を挙げたC.デムーロ騎手ですが今年はここまで絶不調。イマイチ勝ち切れない印象があるだけに、この乗り替りがどう影響するでしょうか。

注目古馬のご紹介に移りましょう。前走でルヴァンスレーヴに敗れたもののG1レース4勝の実績を持つゴールドドリーム(Gold Dream)。昨年のチャンピオンズカップ覇者でもあります。3.50倍は2番手評価です。

ゴールドドリーム

「実力は確かだがいかんせんムラがあり難しい馬」という評価を下されていた3歳から4歳シーズン。しかし昨年末のチャンピオンズカップを制してからは能力が一気に開花。ここ5戦はすべてG1を走り5戦3勝2着2回とほぼ完ぺきな結果を残し続けています。

管理する平田調教師も「完成というのはどういうことを指すのかわからないけれど、馬として注文が少なくなってきたね」と、競走馬としての成長を感じ取れるコメント。アーモンドアイで素晴らしい騎乗を見せ、さらに勢いに乗ったC.ルメール騎手が手綱を取るとなれば、やはり今回のレースでもルヴァンスレーヴに並ぶ存在として無視はできないでしょう。

現在のダート路線を語るなら、この馬も忘れてはなりません。今年のJBCクラシック(G1、1900㍍・ダート)を制したケイティブレイブ(K T Brave)。オッズは5.50倍となっています。

ケイティブレイブ

自らハナを切っても、番手につけても。ある程度前目につけることが出来れば、しぶとい粘りを武器に力を発揮することのできるタイプ。この点は上に挙げた3頭にはない大きなアドバンテージとなるでしょう。

ただやはり実績的にもイメージ的にも1800mという距離はこの馬のパフォーマンスを十分に発揮できる距離に比べるとやや短い印象もあります。

中穴的な存在としてはタイプが全く異なる「2頭のサンライズ」が怖いところです。

強烈な末脚が武器のサンライズノヴァ(Sunrise Nova)。オッズは10.00倍を付されています。

サンライズノヴァ

オープンクラスが中心とはいえ、今年7戦を走って3勝2着3回。唯一の4着はフェブラリーステークスと、抜群の安定感を誇る同馬。

ただし1800mは昨年の12月末以来1年ぶり。ここ最近は「東京コースの1400~1600m」を主戦場に構想を続けているだけに、1ハロンの延長とコース替わりをこなせるかがカギを握ります。

一方、こちらはハナを奪って良さを発揮するサンライズソア(Sunrise Soar)。オッズはノヴァとほぼ同じ11.00倍。

サンライズソア

今年はここまで重賞2勝。その両方はやはりハナを切ってのものでした。

M.デムーロ騎手やC.ルメール騎手を主戦に据えていた為、今回は乗り替りとなりましたが、リスグラシューやクラージュゲリエで11月重賞2勝を挙げているJ.モレイラ騎手を確保できたことは非常に大きいでしょう。

その他、長きにわたり一線級で活躍しているノンコノユメ(Nonkono Yume)が19.00倍。また、ダート競馬の本場アメリカからはG1勝利の経験もあるパヴェル(Pavel)が出走予定。21.00倍とオッズ的には決して高い評価ではありませんが、どういったレースを見せるのか注目が集まります。

今週末栄冠を手にするのは3歳馬か、それとも古馬か。
注目の一戦は11月25日、15時30分発走予定です。

※オッズは28日時点のものとなっております。ご了承ください。

Summary
Article Name
【bet365】チャンピオンズカップ2018:3歳馬強し?ルヴァンスレーヴがブックメーカー発表オッズで1番人気!
Author
Description
ブックメーカー「bet365」がチャンピオンズカップ2018の最新オッズを発表。有力馬の紹介やレース展望、そして注目の枠順などを一挙公開。

【関連情報】
bet365 バナー
bet365 概要
bet365 登録方法
bet365 登録方法(スマホ)
bet365 本人確認(KYC)
Entropay からbet365 に入金
NETELLER からbet365 に入金
Skrill(Moneybookers) からbet365 に入金
bet365 BET方法
bet365 出金方法

EntroPay
EntroPay 登録方法と入金方法

ecoPayz
ecoPayz 登録方法と入金方法

【問い合わせ】http://bookmaker-info.com/contact

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です