作成者別アーカイブ: 清崎民喜

【bet365】フェブラリーステークス2019:JRAのG1レース開幕戦でブックメーカー単勝1番人気はインティで2.5倍オッズ!藤田菜々子騎手のG1初制覇は?

2019年2月15日

フェブラリーステークス

大寒波が襲い、競馬開催の日程がずれ込むなどまだまだ寒い日が続く日本列島ですが、2月といえばきさらぎ賞や、共同通信杯といった春のクラシックに向けての重要レースが目白押しなど、だいぶ競馬熱は温まってきました。

そしてもうひとつ、新年度の冬競馬において忘れてはならないのが今年初の中央G1レースとなる、東京競馬場で開催される砂の王者決定戦、フェブラリーステークス(G1、1600㍍・ダート)です。

【フェブラリーステークス2019枠順】
1-1 クインズサターン(牡6、四位洋文・野中賢二)
2-2 ユラノト(牡5、福永祐一・松田国英)
3-3 ゴールドドリーム(牡6、C.ルメール・平田修)
3-4 メイショウウタゲ(牡8、北村宏司・安達昭夫)
4-5 サクセスエナジー(牡5、松山弘平・北出成人)
4-6 インティ(牡5、武豊・野中賢二)
5-7 サンライズノヴァ(牡5、戸崎圭太・音無秀孝)
5-8 モーニン(牡7、和田竜二・石坂正)
6-9 ワンダーリーデル(牡6、柴田大知・沖芳夫)
6-10 サンライズソア(牡5、田辺裕信・河内洋)
7-11 コパノキッキング(セ4、藤田菜七子・村山明)
7-12 ノボバカラ(牡7、F.ミナリク・森秀行)
8-13 ノンコノユメ(セ7、内田博幸・加藤征弘)
8-14 オメガパフューム(牡4、M.デムーロ・安田翔伍)
※15日13時更新。

今年のフェブラリーステークスは、出走が叶えば最有力候補であったであろう昨年の南部杯マイルチャンピオンシップ(G1、1600㍍・ダート)そして、チャンピオンズカップ(G1、1800㍍・ダート)と、古馬相手に勝利を挙げた新星ルヴァンスレーヴが脚部不安により回避。

bet365このことにより、上位勢の評価はかなり拮抗したものとなりましたが、やはり注目は「旧王者の復活」と「ハイレベル4歳勢」の対決に集まったようです。まずはブックメーカー「bet365」が発表しているオッズをご確認いただいてから、有力各馬のご紹介に移りましょう。

【フェブラリーステークス2019オッズ】
フェブラリーステークス2019オッズ※オッズは14日午前9時現在
bet365 登録方法

フェブラリーステークス2019最新オッズ情報

一番手評価の2.50倍となっているのは、前走の東海ステークス(G2、1800㍍・ダート)において初重賞勝利を挙げたインティ(Inti)。

インティ

ここまで7戦6勝、デビュー戦での敗れた以外はすべて圧倒的なレース運びで勝利を重ねて着たインティ。東海ステークスにおいても、4歳勢でも屈指の実力と実績を残していたチュウワウィザード相手にしっかりと勝ち切る強い競馬を見せました。

鞍上の武豊騎手もここまでで20勝を挙げるなど今年は絶好調。また、インティの馬主である武田オーナーはあのメジロ牧場の牧場長。メジロマックイーンなどを産み出し、武豊騎手とも非常に縁のあるオーナーだけに、気合も入ることでしょう。

唯一気がかりなのはこれまでインティが1600mを経験したことがないという点。芝スタートの東京競馬場ということも併せて考えると、能力の高さは感じるものの、絶対的本命であるとはやや言い難くもあります。

ダート路線において、そして、フェブラリーステークスにおいてこの馬の名前を挙げない訳にはいかないでしょう。2017年の勝利馬にして、ダート路線古馬の代表格ゴールドドリーム(Gold Dream)です。オッズは、インティに続く3.00倍となっています。

ゴールドドリーム

昨年のフェブラリーステークスこそ、ノンコノユメの郷愁に遭い2着に敗れましたが、その後はかしわ記念、帝王賞と地方交流G1をキッチリ勝利。

しかし、迎えた秋シーズン。完全な充実期を迎えたと思われたゴールドドリームの前に3歳勢たちが立ちはだかります。

南部杯マイルチャンピオンシップにおいては、3歳トップの名を欲しいがままにしていたルヴァンスレーヴに。チャンピオンズカップを回避して迎えた東京大賞典(G1、2000㍍・ダート)においては、ルヴァンスレーヴに次ぐ実力3歳馬と言われていたオメガパフュームに完敗するまさかの結果となりました。

両レース共に1番人気に推されながらの敗戦。今回、ルヴァンスレーヴは出走しないものの、オメガパフュームは参戦予定。得意の舞台である東京1600で今一度王者としての貫禄を見せつけることが出来るでしょうか。

昨年の東京大賞典において、並みいる古馬たちを相手に見事なレースを見せたのがオメガパフューム(Omega Perfume)。オッズは5.00倍となっています。

オメガパフューム

ルヴァンスレーヴの存在があまりにも大きくはありましたが、3歳にして古馬混合重賞を勝利。早いうちから古馬たちと互角にやりあってきたその実力は、やはり明け4歳勢の中でもトップクラスと言えるでしょう。

ただし、マイル戦はかなり久々。東京大賞典を含めた2つの重賞勝利は2000mで挙げたものであることを考えると、決して今回の舞台を歓迎できるタイプではないと考えられます。その能力で勝利をつかむことが出来るでしょうか。

9.00倍というオッズ以上に人馬ともに大きな注目を集めるのは、前哨戦のひとつである根岸ステークス(G3、1400㍍・ダート)を快勝したコパノキッキング(Copano Kicking)と、今回テン乗りとなる藤田菜々子騎手。

コパノキッキング

条件戦から、重賞2勝を含む2連勝中と正に勢いに乗っていることや、逃げても差しても結果を残していることなど、絶対的能力値と自在性は高いものを感じさせるコパノキッキング。

しかし前走手綱を取ったO.マーフィー騎手からは「1600㍍は長い」と、きっぱり断言する一言が。短期免許で来日し、大活躍だった騎手の『本音』だけに、気になるところではあります。

そして鞍上はデビュー直後から日本競馬界において何かと話題の女性ジョッキー、藤田菜々子騎手。

藤田菜々子

とはいえ、話題性だけでなくその実力も認められつつあるのが昨今。これまで既に50勝近くを挙げていることが、そのことを示しているといえるでしょう。

そんな藤田騎手、しばしば重賞レースに騎乗することはあれど、決して有力サイドとは言えない馬たちであったことも確か。調教で跨った際も「すごくいい馬」と手ごたえ確かなコパノキッキングが、重賞初勝利にしてG1初勝利の可能性も全くないわけではないでしょう。歴史的快挙達成に期待も高まります。

ここ2走の惨敗は気になるものの、やはり東京コースならば注目しておきたいのはサンライズノヴァ(Sunrise Nova)。オッズは15.00倍となっています。

サンライズノヴァ

ただ、ここ2走の敗戦に関しては、前々走が距離面、前走は大きく出遅れてのことと、考えようによっては理由がキッチリとしている為、今回キッチリ陣営が修正をしてくればやはりその末脚は怖い存在となるでしょう。

その他、かなりしっかりとした調教を積んでいる根岸ステークス2着馬、ユラノト(Yuranoto)が17.00倍。近走こそ良い結果につながっていないものの、昨年のフェブラリーステークスの勝利馬であるノンコノユメ(Nonkono Yume)が21.00倍となっています。

今年最初のG1レースを制するのはどの馬か。フェブラリーステークスは2月17日日曜日、15時40分発走予定。


【関連情報】
bet365 バナー
bet365 概要
bet365 登録方法
bet365 登録方法(スマホ)
bet365 本人確認(KYC)
Entropay からbet365 に入金
NETELLER からbet365 に入金
Skrill(Moneybookers) からbet365 に入金
bet365 BET方法
bet365 出金方法

EntroPay
EntroPay 登録方法と入金方法

ecoPayz
ecoPayz 登録方法と入金方法

【問い合わせ】http://bookmaker-info.com/contact

【10Bet】スーパーラグビー2019:参戦4年目のサンウルブズ、ワールドカップ日本大会開催年に好成績を残すことは出来るか?優勝オッズは501倍!

2019年2月14日

ヒト・コミュニケーションズ・サンウルブズ

太平洋を巡る5か国から集う15のチームが頂点を目指し激しい戦いを繰り広げる国際リーグ戦、スーパーラグビーの開幕の時が近づいてきました。2019年のスーパーラグビーは2月15日に開幕を迎えます。

10Bet Logo日本語にも対応した人気ブックメーカー「10Bet」が優勝オッズを発表していますので、その数字を参考に大会展望をご紹介していきます。

5か国で覇権を競うラグビーの国際戦、スーパーラグビー

スーパーラグビー優勝杯

南半球に位置するラグビー大国であるオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、アルゼンチンに北半球の日本を加えた5か国、15チームが覇権を競う戦い、それがスーパーラグビーです。

2019年はワールドカップイヤーに当たり、9月から11月にかけて開催されるため、スーパーラグビーは2月から7月にかけて開催される日程となりました。

オーストラリアディビジョン(オーストラリアと日本)、ニュージーランドディビジョン、南アフリカディビジョン(南アフリカとアルゼンチン)の3つのディビジョンに5チームずつ別れ、カンファレンス内でホーム&アウェーで8試合対戦。さらに8試合を他のディビジョンに所属するチームと行い、各カンファレンスの首位とワイルドカード5チームの計8チームがプレーオフに進出します。

2018年はクルセイダーズが連覇を達成!ライオンズは3度目の正直とならず

クルセイダーズ(昨年度優勝セレモニー)

ニュージーランドのクライストチャーチにあるAMIスタジアムで開催された決勝戦を制し、2018年のスーパーラグビーを制したのは前年チャンピオンのクルセイダーズ。2017年に続き、南アフリカのライオンズを下して2連覇を達成しています。

これでクルセイダーズは前身のスーパー12、スーパー14時代を含めて9回目の優勝。2位のブルーズ(ニュージーランド)とブルズ(南アフリカ)の3回に大差を付けるダントツの歴代最多記録をさらに更新しました。

一方のライオンズは3年連続で決勝戦に進出するも、すべて敗退。またしても初優勝を逃しています。

日本から参戦しているヒト・コミュニケーションズ・サンウルブスは2016年の初参戦以降最多となる3勝を記録。得点数も大幅に増やしたものの、15チーム中最下位となる15位に終わりました。

優勝オッズ

【スーパーラグビー2019優勝オッズ】
スーパーラグビー2019優勝オッズ※オッズは14日午前8時現在
10Bet 登録方法

ブックメーカー「10Bet」が発表したスーパーラグビー2019優勝オッズによると、クルセイダーズが3.25倍で優勝最有力となっています。2番手にはハリケーンズで4.50倍、3番手にはチーフスで8.00倍と続いています。

日本のサンウルブズは、最下位となる501.00倍オッズからの巻き返しを狙います。

王者クルセイダーズ3連覇へ、最強チームの主将が王者の屋台骨を支える

キアラン・リード(クルセイダーズ)

2連覇を果たし、さらにスーパーラグビー最強の座を揺るぎないものにしつつあるクルセイダーズ。

注目したいのはベテランのキアラン・リード。クルセイダーズのみならずオールブラックスでもキャプテンを務め、100以上のキャップを持つ当代きってのリーダーシップを誇る選手です。

彼に率いられたクルセイダーズは1998年から2000年にかけて自身で達成した3連覇を達成することができるでしょうか。

クルセイダーズの初戦はニュージーランドのブルーズと対戦し、オッズはホームのブルーズ勝利が3.20倍、アウェーのクルセイダーズ勝利が1.35倍となっています。

【ブルーズ対クルセイダーズ戦オッズ】
ブルース対クルセイダーズ戦オッズ※オッズは14日午前8時現在

ハリケーンズ、世界最高の司令塔とともに王座奪還に挑む

ボーデン・バレット(ハリケーンズ)

2015年に準優勝、2016年に優勝、2017、2018年はベスト4と安定して好成績を残しているハリケーンズ。

ハリケーンズの中心を担うのは司令塔のボーデン・バレット。オールブラックスの司令塔も務め、2016年、2017年にはワールドラグビーの最優秀選手賞も獲得。まさに世界最高の選手の1人と呼ぶにふさわしい成績を残しています。

3年ぶりの王座奪還に向けて、期待は高まるばかりです。ハリケーンズの初戦の対戦相手はオーストラリアのワラターズ。オッズはホームのワラターズが3.25倍、アウェーのハリケーンズが1.34倍となっています。

【ワラターズ対ハリケーンズ戦オッズ】
ハリケーンズ対ワラタス戦オッズ※オッズは14日午前8時現在

結果が求められる2019年のサンウルブズは即戦力外国人を多く補強に成功

レネ・レンジャー(ヒト・コミュニケーションズ・サンウルブズ)

参戦4年目を迎えるサンウルブズ。現状2020年までしかスーパーラグビー参加を保証されていないサンウルブズにとって、今年は結果を出さなければいけない年となります。そのため、即戦力となる選手を求めて過去最多となる29人の外国人選手を登録。日本人は20人と、外国人の方が多い陣容となりました。

なかでも注目は新加入の32歳、レネ・レンジャーの名前が挙げられます。スーパーラグビーでは長くブルーズで活躍し、あの世界最強チームとして名高いニュージーランド代表、通称オールブラックスでも6キャップを誇る選手です。

サンウルブズ2019スコッド

なりふりかまわず結果を求める2019年のサンウルブズは、今年こそ悲願のプレーオフ出場を勝ち取ることができるでしょうか。

初戦の対戦相手は南アフリカのシャークス。勝敗オッズはホームのサンウルブズ勝利が4.00倍、アウェーのシャークス勝利が1.22倍となっています。

【サンウルブズ対シャークス戦オッズ】
サンウルブズ対シャークス戦オッズ※オッズは14日午前8時現在

10Bet 概要
10Bet 登録方法
NETELLER から10Betに入金
Skrill(Moneybookers)から10Betに入金
10Bet BET方法
10Bet 出金方法

【ポッドキャスト】第172話:UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグ決勝T開幕!ブックメーカーの様々なオッズで予想を楽しもう!!

2019年2月12日

ヨーロッパサッカーが再び熱気に包まれる。UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019の決勝トーナメントが日本時間13日、UEFAヨーロッパリーグ2018-2019の決勝トーナメントが同15日から始まる。ブックメーカー「bet365」は、優勝オッズや1回戦のマッチオッズ以外にも、様々なオッズを発表し、スポーツベッターを楽しませている。例えば、得点王オッズではバルセロナのリオネル・メッシに2.87倍の最有力オッズを付けている。また、ファイナリストオッズではマンチェスター・シティとバルセロナの組み合わせに10.00倍の最有力オッズ評価を下している。入金方法も新たに加わり、参加しやすくなった「bet365」で予想を楽しむ“コツ”をミスターブックメーカーが語る。

下記の「Apple Podcasts」または「Stitcher」にアクセスして、ぜひポドキャストを購読してください!レビューも書いていただけると励みになります!!

iTunes Listen to Stitcher

【「第172話」関連ページ】
【ウィリアムヒル】UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019決勝トーナメント:マンCが優勝最有力に!対抗はバルサ、ユヴェントスか?
【SBOBET】UEFAヨーロッパリーグ2018-2019決勝T:優勝最有力にはチェルシーとブックメーカー予想!アーセナル、ナポリがあとを追う
bet365入金方法に朗報!WebMoney(ウェブマネー)でサクサク入金!ちょコムeマネーも
スポーツベッティング合法化に関する記事(「ミスターブックメーカー」より)
ビットコイン情報局
2019年スポーツカレンダー(日程)
清崎民喜公式ブログ「ミスターブックメーカー」
ブックメーカー情報局支局通信
Neteller(ネッテラー)・Skrill(スクリル)に代わる主な決済サービス一覧

【ブックメーカー情報局関連ページ】
ブックメーカー情報局公式フェイスブックページ
ブックメーカー情報局公式Google+
ブックメーカー情報局公式YouTube

【ブックメーカースポーツライター・清崎民喜関連ページ】
清崎民喜公式ブログ
清崎民喜公式インスタグラム

【ブックメーカー情報局スタッフライター・遠山慶関連ページ】
ブックメーカー情報局支局通信

【ブックメーカー情報局おススメ「ブックメーカー」紹介】

【SBOBET】UEFAヨーロッパリーグ2018-2019決勝T:優勝最有力にはチェルシーとブックメーカー予想!アーセナル、ナポリがあとを追う

2019年2月11日

UEFAヨーロッパリーグ優勝杯

UEFAチャンピオンズリーグに次ぐヨーロッパ第2のカップ戦、UEFAヨーロッパリーグ(以下、欧州EL)もいよいよ決勝トーナメントがスタートします。

2019年の決勝トーナメントは2月14日と21日にラウンド32、3月7日と3月14日にラウンド16、4月11日と4月18日に準々決勝、5月2日と5月9日準決勝、そして5月29日にアゼルバイジャンの首都バクーにあるバクー・オリンピック・スタジアムで決勝戦が行われます。

SBOBET ロゴJリーグや中国超級リーグも含めた豊富なサッカーオッズを有する日本語対応のブックメーカー「SBOBET」が優勝オッズを発表していますので、その数字を参考に大会展望をご紹介していきます。

長谷部のフランクフルトの前に東欧の雄が立ちはだかる

長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)

ドイツ・ブンデスリーガの平均評価点ランキングで全選手中4位に入るなど、世界最高峰のリーグでトップクラスの活躍を見せている長谷部誠擁するアイントラハト・フランクフルトは、ウクライナのシャフタル・ドネツクと対戦。

マンチェスター・シティのフェルナンジーニョやアーセナルのヘンリク・ムヒタリアン、チェルシーのウィリアン、ユベントスのドウグラス・コスタ、マンチェスター・ユナイテッドのフレッジといった大物選手を多く輩出している東欧の雄が長谷部の前に立ちはだかります。

兄弟対決を制した南野のレッドブル・ザルツブルグはベルギー王者と対戦

南野拓実(レッドブル・ザルツブルグ)

南野拓実が所属し、オーストリア・ブンデスリーガを5連覇中の絶対王者レッドブル・ザルツブルグはベルギー王者のクラブ・ブルージュと対戦。

昨シーズンは欧州ELで準決勝にまで進出したザルツブルグは、今シーズンは兄弟クラブであるドイツ・ブンデスリーガの強豪レッドブル・ライプチヒと同グループに。上位クラブに当たるライプチヒをグループ敗退に追い込み、首位で突破しています。

欧州移籍の伊東所属のゲンクの対戦相手はチェコのスラビア・プラハ

伊東純也(RCゲンク)

柏レイソルから日本代表FW伊東純也が今冬に加入し、今シーズンのベルギー・ジュピラープロリーグで首位を独走しているRCゲンクが対戦するのはチェコの名門スラビア・プラハとなりました。

かつて鈴木隆行がプレーしたことで日本でも知られるRCゲンクは、スウェーデンのマルメFFや香川真司が加入したトルコのベジクタシュを上回り、首位でグループリーグを突破しています。

2度目の欧州戴冠へ、ガラタサライはポルトガル屈指の名門と対戦

長友佑都(ガラタサライ)

長友佑都が所属するトルコ・シュペルリグ王者ガラタサライは、ポルトガル・プリメイラリーガで最多36回の優勝を誇る同国屈指の名門ベンフィカと対戦します。

ガラタサライは今シーズン、欧州CLに参戦するもグループリーグ1勝1分け4敗の3位に終わり、2015-16年シーズン以来となる欧州EL決勝トーナメント参戦となりました。1999-2000年シーズン以来となる欧州戴冠に期待がかかります。

優勝オッズトップはチェルシー!アーセナル、ナポリら強豪があとに続く

【UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント2018-2019優勝オッズ】
UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント2018-2019優勝オッズ
※オッズは11日午前10時現在
SBOBET 登録方法

ブックメーカー「SBOBET」発表の優勝オッズで、2019年の欧州EL優勝候補筆頭となったのはイングランドのチェルシー。昨シーズン、プレミアリーグで5位に終わり、名誉回復に燃えるロンドンの雄がオッズ5.00倍でトップに立っています。

2番手は同じくロンドンを本拠地とする名門アーセナルで6.50倍。3番手はイタリアでユベントスに次ぐ実力を誇るナポリで7.50倍。4番手は近年復活を遂げつつあるかつての欧州王者インテルで8.00倍となりました。

日本人所属クラブでは南野拓実のレッドブル・ザルツブルグが6番手タイの20.00倍、長谷部誠のアイントラハト・フランクフルトが8番手の24.00倍、長友佑都のガラタサライが14番手タイの40.00倍、伊東純也のゲンクが22番手タイの81.00倍となっています。

UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント2018-2019最新オッズ情報

波のある戦いぶりを見せるチェルシーは巨大戦力を活かし切れるか

チェルシー

2016-17年シーズンにプレミアリーグ優勝を果たすも翌2017-18年は5位に終わり、久しぶりの欧州EL出場となったチェルシー。

前回参加の2012-13年はラファエル・ベニテス監督のもとフェルナンド・トーレス(現サガン鳥栖)の活躍もあって見事初優勝を飾っており、今回もその再現といきたいところです。

エデン・アザール、ウィリアン、エンゴロ・カンテ、ゴンザロ・イグアインら超一流選手を擁し、今大会屈指の巨大戦力を誇るチェルシーの進撃を阻むことができるクラブは存在するのでしょうか。

再出発のアーセナル、試練の一年でベンゲル時代を超える成果を出したい

ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)

超長期政権を樹立していたアーセン・ベンゲル監督が退任し、22年ぶりの新監督として就任したウナイ・エメリ監督のもと再出発を果たしたアーセナルですが、リーグ戦では首位から勝ち点15差の6位(2月9日現在)ともはや優勝は厳しい立場に置かれています。

とはいえ、一時期は公式戦22試合無敗とするなどその実力は確かなもの。エースのピエール・エメリク・オーバメヤンもモハメド・サラーに次ぐ得点ランキング2位につけており、欧州ELの優勝候補と呼ぶにふさわしい実力を持っていることに間違いはないでしょう。

ベンゲル時代を超える成果を挙げることに大きな期待がかかっています。

ナポリ、神の子とともにあった黄金時代以来となるタイトルへ

カルロ・アンチェロッティ監督(ナポリ)

1988-1989年シーズンには”神の子”ディエゴ・マラドーナのもと、欧州ELの前身であるUEFAカップを制した経験があるナポリ。

マラドーナに加えてカレカ、ブルーノ・ジョルダーノ、チーロ・フェラーラらを擁した黄金時代以来となる強力なチームを築き上げた今シーズンのナポリに足りていないのは、もはやタイトルのみといっていいでしょう。

ヨーロッパ屈指の名将カルロ・アンチェロッティ監督が率い、セリエAでも絶対王者ユベントスの唯一の対抗馬として奮戦するナポリが、長い苦節の時を経てついにタイトルにたどり着く時が来たのかもしれません。

SBOBET
SBOBET 概要
SBOBET 登録方法
NETELLER からSBOBETに入金
Skrill(Moneybookers)からSBOBET に入金
SBOBET BET方法
SBOBET 出金方法

【888sport】NASCAR2019:カイル・ブッシュが優勝オッズで最有力予想!昨季Vのジョーイ・ロガーノは6番手タイ

2019年2月7日

トヨタ・カムリ

F1よりも、インディカーよりも、北米を熱く燃え滾らせるモータースポーツ。それがNASCARです。オーバルコースを時速300km/h以上もの超高速で爆走するスピードの狂宴が、まもなく2019年も幕を開けようとしています。

888sport世界中に2,500万人以上のユーザーを持つオンラインカジノグループに属するブックメーカー「888sport」が優勝オッズを発表していますので、その数字を参考に大会展望をご紹介していきます。

北米最大のモータースポーツ、NASCAR

デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ(デイトナ500開催地)

NASCARは元々ストックカーと呼ばれる、市販の四輪自動車を改造した車両で競われるレースとして発展してきました。現在は市販車に似せて作られたレーシングカーで勝敗が競われています。

そのルーツは20世紀初頭の北米におけるアマチュアの自動車レースにまで遡り、総括団体としてのNASCAR(全米自動車競争協会の略)は1948年にフロリダ州のデイトナ・ビーチで誕生しました。

そのトップカテゴリーであるモンスターエナジーNASCARカップ・シリーズは北米で絶大な人気を誇り、アメリカでの視聴者数は200万人から500万人にまで登るほど。日本でも人気の高いインディカーが50万人ほどと、その圧倒的な支持のほどが伺えます。

その開幕戦であるデイトナ500は特に人気が高く、”グレート・アメリカン・レース”の異名をとっています。他のスポーツがオフに入っているということもあってかアメリカでは国民的なイベントとなっており、2017年には平均1200万人、最大2300万人が視聴したとされています。

同年のインディ500(平均120万人、最大560万人)と比較しても10倍ほどの差がついており、まさにNASCARは北米最大のカーレースと呼ぶにふさわしい数字を残していることが分かるでしょう。

2018年を制したのはロガーノ!自身初、フォードに04年以来の優勝もたらす

ジョーイ・ロガーノ(昨年度優勝セレモニー)

11月18日にフロリダ州ホームステッドで迎えた2018年最終戦となる第36戦、チャンピオン獲得権を持つジョーイ・ロガーノ(フォード・フュージョン)、マーティン・トゥーレックス・ジュニア(トヨタ・カムリ)、カイル・ブッシュ(トヨタ・カムリ)、ケビン・ハーヴィック(フォード・フュージョン)の4人のドライバーのうち、トップでチェッカーを受けたものがチャンピオンとなる展開となりました。

全長約2.4kmのオーバルコースを80周、80周、107周の3ステージ合計267周で争う最終戦を制したのはアメリカの27歳、ジョーイ・ロガーノ。第3ステージ残り13周でトップに立ち、そのまま逃げ切りに成功。シーズン3勝目で自身初、所属するフォードにとっては2004年以来となるNASCARカップシリーズチャンピオンの座に輝いています。

2019年の開幕は2月17日、最終戦は11月17日に開催

ホームステッド・マイアミ・スピードウェイ(最終戦開催地)

2019年のNASCARカップ・シリーズは例年通り36戦を開催。開幕戦となるデイトナ500は2月17日に開催されます。

その他、ファン投票で選抜されたドライバーのみが出場するオールスターは5月18日、シリーズ最長600マイルのコカ・コーラ600は5月26日、プレーオフのスタートとなるラスベガス戦は9月15日、そしてシリーズチャンピオンを決める最終戦は11月17日に開催される予定となりました。

優勝オッズトップはカイル・ブッシュ!ハーヴィック、エリオットらが追う

【NASCAR2019優勝オッズ】
NASCAR2019優勝オッズ※オッズは6日午後6時現在
888sport 登録方法

2019年のNASCARカップ・シリーズで優勝候補筆頭となったのは、ジョー・ギブス・レーシング(トヨタ)のカイル・ブッシュ。オッズは5.50倍となりました。

2番手はスチュワート=ハース・レーシング(フォード)のケヴィン・ハーヴィックで6.00倍、3番手タイはヘンドリック・モータースポーツ(シボレー)のチェイス・エリオットとジョー・ギブス・レーシング(トヨタ)のマーティン・トゥーレックス・ジュニアで8.00倍。

5番手はチップ・ガナッシ・レーシング(シボレー)のカイル・ラーソンで9.00倍、6番手タイはチーム・ペンスキー(フォード)の同僚であるブラッド・ケセロウスキーと昨年度王者のジョーイ・ロガーノの2人で9.50倍となっています。

NASCARのトップヒール、ブッシュが再びその王座を奪還するか

カイル・ブッシュ

2015年には11戦を怪我で離脱しながらも3戦連続で勝利を挙げるといった離れ業で年間王者となったブッシュ。2016年からは3位、2位、4位と優勝には及ばないものの、安定して優勝争いに絡み続けています。

2018年にも3戦連勝を挙げるなど、その爆発力は33歳となった今も健在。NASCARきっての憎まれ役であるブッシュが再び年間王者の座につき、表彰台の一番上で万雷のブーイングを浴びる日が今年こそ来るのかもしれません。

老いてなお成長を続けるハーヴィックが2度目の王座を狙う

ケヴィン・ハーヴィック

下位カテゴリーも含めれば1995年から、トップカテゴリーでは2001年からNASCARで戦い続けている大ベテランであるハーヴィック。

過去に優勝を果たしたのは2014年のみですが、過去2年はともに3位、昨年は8度の勝利を挙げており、衰えたどころかキャリア最多勝利を記録しています。

現在のNASCAR最年長年間王者記録は1983年にボビー・アリソンが達成した45歳です。43歳で新シーズンを迎えるハーヴィックが優勝するには年を取りすぎているなんてどこの誰が言えるでしょうか。

遅れてきた大器トゥーレックスがさらなる成長と栄冠を目指す

マーティン・トゥーレックス・ジュニア

2017年には参戦13年目にして悲願の優勝を成し遂げたトゥーレックス・ジュニア。2018年も連覇にあと少しというところまで詰め寄りましたが、惜しくもわずか5ポイント差で逃しています。

2004年から参戦するモンスターエナジーNASCARカップ・シリーズでは、2015年に4位入賞したほかは一ケタ順位すらありませんでしたが、ここ2年はまさにトップクラスの成績を残しており、30代後半になってから全盛期がやってきた大器晩成型と呼べる選手です。

38歳のトゥーレックスがさらなる成長を見せることができれば、王座は彼の手中にあるといっても過言ではないのかもしれません。

888sport
888sport 概要
888sport 登録方法
NETELLER から888sport に入金
Skrill(Moneybookers) から888sport に入金
888sport BET方法
888sport 出金方法