作成者別アーカイブ: 清崎民喜

【Sportsbet.io】全米オープンテニス2019:連覇狙う大坂なおみは優勝オッズ4番手!初制覇に挑む錦織圭は11番手予想

2019年8月23日

全米オープン初制覇に挑む錦織圭

テニスの世界最高峰、グランドスラムの中でもさらに最高の格を誇る全米オープンの開催が近づいてきました。2019年度の全米オープンは8月26日(月)に開幕し、9月9日(月)に決着の時を迎えます。

sportsbetio仮想通貨(ビットコインやリップル等40種類以上)を専門に使ってベッティングすることができる世界初のブックメーカー「Sportsbet.io」が優勝オッズを発表していますので、その数字を参考に大会展望をご紹介していきます。

年間最後にして最高のグランドスラム、全米オープン

アーサー・アッシュ・スタジアム(全米オープンメイン会場)

4大メジャー大会の1つである全米オープンは1881年からの長い歴史を持つ伝統ある大会です。観客動員数や賞金総額は世界最高と、4大メジャーの中でも最高の核を誇っています。

会場のUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターはアメリカ合衆国のニューヨーク市クイーンズに位置し、世界最大のテニス専用競技場であるアーサー・アッシュ・スタジアム(23200人収容)があります。

歴代優勝回数のトップは戦前に活躍したビル・チルデン、リチャード・シアーズ、ウィリアム・ラーンドの3人でそれぞれ7回。現役ではロジャー・フェデラーが4位タイの5回と迫っており、記録の更新にも期待がかかるところです。

2018年女子は大坂なおみが日本人悲願のグランドスラム制覇を達成!

大坂なおみ(2018年度全米オープン優勝セレモニー)

2018年度の女子全米オープンを制覇したのは日本の大坂なおみ。女王セリーナ・ウィリアムズをストレートで下し、弱冠20歳にして日本人として初めてシングルスでグランドスラムを勝ち取る偉業を達成しました。

子供のころから憧れてきたセリーナを最高の舞台で破った大坂ですが、判定に不満を持ったセリーナが主審を激しく罵るなど荒れた展開に。試合後の表彰式でも観客が主審や大坂に大ブーイングを浴びせかけるなど、アメリカのテニスファンの良識が問われる不本意な流れとなってしまいました。

それでも気丈に、真摯に対応した大坂はまさに新女王にふさわしい品格を見せたといえるでしょう。この活躍で世界ランキングも7位に上昇し、初のトップ10入りを果たしています。

2018年男子はジョコビッチが圧巻の勝利!錦織は準決勝で新王者に敗れる

ノバク・ジョコビッチ(2018年度全米オープン優勝セレモニー)

2018年度の男子全米オープンを制したのはノバク・ジョコビッチ。2011年、2015年に続く3度目の優勝を達成し、男子シングルス歴代記録でピート・サンプラスと並ぶ3位タイとなる14度目のグランドスラム制覇となりました。

準決勝で錦織圭をストレートで下したジョコビッチは決勝戦で2009年大会王者のファン・マルティン・デルポトロと対戦。ここでも圧倒的な実力を見せつけ、デルポトロをストレートで破っています。

連覇が期待されていたラファエル・ナダルは準決勝で負傷し、途中棄権。ロジャー・フェデラーも4回戦でジョン・ミルマンに敗北しています。

優勝オッズ

【全米オープンテニス2019男子シングルス優勝オッズ】
全米オープン2019男子シングルス優勝オッズ※オッズは23日午前8時現在
Sportsbet.io 登録方法

ブックメーカー「Sportsbet.io」が発表した全米オープンテニス2019男子シングルス優勝オッズによると、優勝最有力には連覇を狙うノバク・ジョコビッチで2.00倍オッズとなりました。

2番手にはラファエル・ナダルで3.85倍、3番手にはロジャー・フェデラーで7.00倍とビッグ4が上位を占めています。第7シードの錦織は11番手タイの43.50倍からのグランドスラム初制覇に挑戦します。

全米オープン2019男子シングルスドロー

【全米オープンテニス2019女子シングルス優勝オッズ】
全米オープン2019女子シングルス優勝オッズ※オッズは23日午前8時現在

女子シングルスの優勝最有力には、セリーナ・ウィリアムズの名前が挙がり4.85倍のオッズが付いています。2番手にはシモナ・ハレプで6.60倍、3番手にはアシュリー・バーティで7.90倍と続いています。

大会連覇を狙う第1シードの大坂は4番手の8.60倍となっており、1回戦で20歳の世界93位のアナ・ブリンコワと対戦します。

全米オープン2019女子シングルスドロー

女王大坂、セリーナに代わる新時代の樹立へ連覇に期待がかかる

大坂なおみ

昨年の全米オープン、そして続く今年の全豪オープンでグランドスラム2連覇を達成し、一気にスターダムへ駆け上がった大坂なおみ。世界ランキングも首位に君臨しており、新女王への道を邁進しています。

大会連覇がかかる今年の全米オープンは第1シードで出場。前哨戦であるウエスタン・アンド・サザン・オープンでは準々決勝で左ひざを痛めて途中棄権していることが気にかかりますが、うまく調子が整えることさえできれば大坂に勝てる選手はまずいないはず。

アメリカの地から、大坂は再び日本へ歓喜を届けることができるでしょうか。

好調錦織、相性のいい全米でBIG3を越えて初優勝なるか

錦織圭

今年のグランドスラムでは3大会連続で準々決勝まで進出している錦織。昨年のウィンブルドンでも準々決勝、全米オープンでは準決勝に駒を進めており、抜群の安定感で好成績を出し続けています。

2014年には全米オープンで決勝戦に進出(マリン・チリッチに敗戦)、2016年にも準決勝まで進出しており、相性のいい大会といえるでしょう。

世界ランキングも7位とトップランカーの地位を維持しており、彼に残された課題はもはやフェデラー、ナダル、ジョコビッチのBIG3に重要な場面で勝てない、ということだけです。その殻を破れた時こそ、錦織が大坂に続くシングルスグランドスラム制覇者となる時のはずです。


【関連情報】

Sportsbet.io 概要
Sportsbet.io 登録方法
Sportsbet.io 入金方法
Sportsbet.io BET方法
Sportsbet.io 出金方法

ecoPayz
ecoPayz 登録方法と入金方法

【問い合わせ】http://bookmaker-info.com/contact

【ウィリアムヒル】トラヴァーズステークス2019:混戦模様の中、ケンタッキーダービー2着タシトゥスが3.5倍で1番人気!

2019年8月22日

トラヴァーズS

日本競馬界ではダービー後に開催されるG3戦、ラジオNIKKEI賞を「残念ダービー」と呼ぶ風習が未だ残っていますが、アメリカ競馬においては三冠レース終了後のこの時期にサラトガ競馬場にて開催されるトラヴァーズステークス(海外G1、2000㍍・ダート)がその位置づけにあたるといえます。

とはいえこちらは決して「残念」などと言われることはなく、クラシック戦線を戦い抜いた強豪たちと、クラシックには間に合わなかった、もしくは、クラシック戦線に乗らなかった注目馬たちが激突する為「ミッドサマーダービー(真夏のダービー)」と呼ばれ、クラシックレースと肩を並べて注目される1戦でもあります。

やや残念なのは有力馬の筆頭候補として期待されていた、2歳王者ゲームウィナーと、ケンタッキーダービー(海外G1、2000㍍・ダート)1着入線後に降着という悲劇に見舞われながらも、先日のハスケル招待ステークス(海外G1、1800㍍・ダート)で見事に勝利を挙げ改めて実力を見せつけたマキシマムセキュリティの2頭がそろって回避を発表。

ハスケル招待Sを制したマキシマムセキュリティ

トラヴァーズステークスを舞台に「完全決着」を望んでいたファンも多かっただけに残念ではありますが、馬券検討的にはかなり面白くなってきました。

ウィリアムヒルこの2頭の回避がどう影響するのか?日本時間25日午前6時にサラトガ競馬場を発走するトラヴァーズステークス2019のブックメーカー「William Hill(ウィリアムヒル)」が発表しているオッズをご確認いただいてから、出走各馬の紹介へ移りましょう。

【トラヴァーズステークス2019オッズ】
トラヴァーズS2019オッズ※オッズは22日午前10時現在
ウィリアムヒル 登録方法

1番手、2番手評価を受けた2頭はケンタッキーダービーの2着、3着入線の2頭。ただし、オッズ的には入着順と逆になっています。

ケンタッキーダービーにおいて3着入線、そして今回3.5倍の1番手評価となったのがタシトゥス(Tacitus)。

タシトゥス

今年のクラシックはケンタッキーダービーにおいて2着。更にベルモントダービー(海外G1、2400㍍・ダート)においても3着入線と、安定した結果を残しました。これは今年のアメリカクラシック戦線を眺めてもかなりの好成績。G2レースを2勝している実力は伊達ではなかったといったところでしょう。

ただ、夏の復帰戦となった前走のジムダンディステークス(海外G2、1800㍍・ダート)においては、これまで3戦連続で先着していたタックス(Tax)に敗れてしまいましたが、順当に力を発揮すればやはりこの馬が1番手というジャッジを、オッズ的にも下された形でしょう。

一方で順調なのがケンタッキーダービー2着入線のコードオブオナー(Code of Honor)オッズは4.0倍とほぼ差はありません。

コードオブオナー

タシトゥスには先着、前走のG3戦も勝利して充実した状態でトラヴァーズステークスを迎えられる可能性が極めて高いものの、少し気になるのは2000mという距離への対応力。ケンタッキーダービーは2000mという距離ではあったものの当日はかなりの道悪であり、距離適正をはかる意味ではやや確実性に欠ける部分もあります。

そうなると考えたいのはその前走にあたるフロリダダービー。1800m戦のこのレースで3着入線も、勝ち馬マキシマムセキュリティからは7馬身近く離された結果となりました。

そしてトラヴァーズステークスの前哨戦は1600mを選択。2400mもこなしたタシトゥスに比べると、この点がやや気がかりではあります。

タシトゥスに前走で勝利したタックス(Tax)も侮れません。オッズは7.0倍となっています。

タックス

クラシック組で最も成長したといえるのはこのタックスかもしれません。ジムダンディステークスではタシトゥスに加え、プリークネスステークスを勝利したウォーオブウィルらを相手に勝利。

特に最後の直線では内から迫るタシトゥスをもう一度突き放す勝負根性を見せるなど、見どころ十分の1戦でした。この結果を「実力がついた」とみるか「タシトゥスとの間にあった1キロの斤量差のお陰」とみるかが、同馬を評価するうえで重要なポイントとなります。

このクラシック参加組の上位勢に今回食い込まんとする「上がり馬」がムーチョグスト(Mucho Gusto)。6.0倍はクラシック組外では最上位の3番手評価となっています。

ムーチョグスト

もともとデビューが遅かったわけではなく、2歳時にもG3を制するなど完成度は早かった同馬。ここまで重賞4勝を挙げていますが、6月のアファームドステークス(海外G3、1700㍍・ダート)においては、サンタアニタダービーにてゲームウィナーを破ったロードスターを撃破するなど、その実力は一定以上のものと言えるでしょう。

管理しているのは名伯楽、B.バファート調教師。

バファート

ゲームウィナーもロードスターも実はB.バファート厩舎の管理馬。この2頭や、インプロバブルといった有力馬を擁し、今年のアメリカクラシック最注目厩舎のひとつでありながら結果は「無冠」。ミッドサマーダービーは是非とも獲りたいところでしょう。

その他、2連勝で今回の舞台に挑むHighest Honors(ハイエストオナー)が9.0倍。プリークネスステークス3着や、オハイオダービー(海外G3、1800㍍・ダート)を制した実績馬オーエンデール(Owendale)が11.0倍で続きます。

ウィリアムヒル 概要
ウィリアムヒル 登録方法
NETELLER からウィリアムヒルに入金
Skrill(Moneybookers)からウィリアムヒルに入金
ウィリアムヒル BET方法
ウィリアムヒル 出金方法

【ポッドキャスト】第191話:松山英樹の大逆転年間総合王者なるか?プレーオフ最終戦「ツアー選手権2019」優勝オッズは11番手34倍

2019年8月20日

スマイリングシンデレラに沸く8月のゴルフ界は何も全英女子オープンを制した渋野日向子だけでなはい。米国男子ツアーにおいてプレーオフ最終戦「ツアー選手権2019」に6年連続で出場を決めた松山英樹がさらに大きく盛り上げてくれそうだ。前週のBMW選手権では2日目にコースレコードの「63」をマークして首位にも立った松山は、最終的には4日目も同スコアをたたき出す“神がかり的な”プレーで、今季最高成績である3位でフィニッシュした。この結果、フェデックスポイントランキングで33位だった松山は、15位まで順位を上げることに成功し、6年連続のツアー選手権出場を決めたのだ。ブックメーカー「bet365」が発表したツアー選手権2019の優勝オッズでは、松山は11番手タイの34.00倍オッズとなっているが、松山の大逆転年間総合優勝はあるのか?ミスターブックメーカー清崎民喜がツアー選手権での松山の逆転の可能性を語る。

下記の「Apple Podcasts」または「Stitcher」にアクセスして、ぜひポッドキャストを購読してください!レビューも書いていただけると励みになります!!

iTunes Listen to Stitcher

【「第191話」関連ページ】
PGAプレーオフ第2戦「BMW選手権2019」:松山英樹の優勝オッズは20番手タイ51倍!
【ポッドキャスト】第190話:渋野日向子が全英女子オープンで日本勢42年ぶりV!ブックメーカーの優勝オッズでは“3桁オッズ”から最終日は2.87倍で最有力となっていた
【bet365】AIG全英女子女子オープンゴルフ2019:世界ランク日本人最上位の畑岡奈紗と昨年4位タイの比嘉真美子に初優勝の期待!
スポーツベッティング合法化に関する記事(「ミスターブックメーカー」より)
ビットコイン情報局
2019年スポーツカレンダー(日程)
清崎民喜公式ブログ「ミスターブックメーカー」
ブックメーカー情報局支局通信
Neteller(ネッテラー)・Skrill(スクリル)に代わる主な決済サービス一覧

【ブックメーカー情報局関連ページ】
ブックメーカー情報局公式フェイスブックページ
ブックメーカー情報局公式YouTube

【ブックメーカースポーツライター・清崎民喜関連ページ】
清崎民喜公式ブログ
清崎民喜公式インスタグラム

【ブックメーカー情報局スタッフライター・遠山慶関連ページ】
ブックメーカー情報局支局通信

【ブックメーカー情報局おススメ「ブックメーカー」紹介】
bet365 バナー
bet365 概要
bet365 登録方法
bet365 登録方法(スマホ)
bet365 本人確認(KYC)
Entropay からbet365 に入金
NETELLER からbet365 に入金
Skrill(Moneybookers) からbet365 に入金
bet365 BET方法
bet365 出金方法

【10Bet】インターナショナルステークス2019:日本から参戦のシュヴァルグランは23倍オッズ!クリスタルオーシャンやジャパンが上位人気に

2019年8月19日

インターナショナルステークス2019

ディープインパクト、キングカメハメハ。日本競馬界を昨今までけん引し続けてきた二大種牡馬が相次いでこの世を去ったという訃報。競馬ファンのみならず世間一般、そして世界競馬的にも大変な衝撃を受けたことでしょう。その一方で、新種牡馬たちの産駒が2歳戦で躍動。ひとつの時代が終わると同時に、また新たな競馬の時代が進んで行くのを感じます。

日本競馬界における「新時代」の話で言えば、種牡馬等の話だけではありません。昨今では「海外への挑戦」も多くみられ、これもまた時代の変化のひとつといえるでしょう。そういった中で今回は、日本馬が久々の挑戦となるイギリスはヨーク競馬場で開催される、英インターナショナルステークス(海外G1、2050㍍・芝)をご紹介いたします。

ゼンノロブロイ

日本競馬ファンにはあまり馴染みがないレース名かもしれませんが「2005年に前年、秋古馬三冠を達成したゼンノロブロイが挑んだレース」とお伝えすると、思い出す方もいらっしゃるかもしれません。その際は惜しくも2着入線となりました。

レースとしての歴史こそ浅いものの、毎年、凱旋門賞の前哨戦としてだけでなく欧州中のミドルディスタンス界のトップが名を連ねるレースでもあります。ですが、今年はそれに輪をかけてかなりの豪華メンバーが顔をそろえました。

10Bet Logo正に夏のミドルディスタンスキング決定戦の様相を呈している本レース。まずは、ブックメーカー「10Bet」のオッズをご確認いただいてから、有力出走各馬をご紹介していきます。

【インターナショナルステークス2019オッズ】
インターナショナルステークス2019オッズ※オッズは17日午後5時現在
10Bet 登録方法

【インターナショナルS2019枠順】
1-9 キングオブコメディ 56.5kg 牡3
L.デットーリ騎手、英・J.ゴスデン厩舎
2-3 エラーカム 60.0kg 牡4
J.クローリー騎手、英・M.ジョンストン厩舎
3-6 サンダリングブルー 60.0kg セ6
J.ワトソン騎手、英・D.ムニュイジエ厩舎
4-2 クリスタルオーシャン 60.0kg 牡5
J.ドイル騎手、英・M.スタウト厩舎
5-1 シュヴァルグラン 60.0kg 牡7
O.マーフィー騎手、日・友道康夫厩舎
6-7 サーカスマキシマス 56.5kg 牡3
D.オブライエン騎手、愛・A.オブライエン厩舎
7-8 ジャパン 56.5kg 牡3
R.ムーア騎手、愛・A.オブライエン厩舎
8-5 リーガルリアリティ 60.0kg 牡4
R.キングスコート騎手、英・M.スタウト厩舎
9-4 ロードグリッターズ 60.0kg セ6
D.タドホープ騎手、英・D.オメーラ厩舎
※20日午後1時更新。

1番手評価の2.20倍となっているのは今年のプリンスオブウェールズ(海外G1、2000㍍・芝)を制したクリスタルオーシャン(Crystal Ocean)。

クリスタルオーシャン

ここまで18戦6勝。G1勝利こそプリンスオブウェールズの1勝のみですが、これまで戦ってきた18戦すべて「複勝圏内」という点は見逃せません。常にハイレベルなレースを見せてきたクリスタルオーシャンですが、5歳を迎えた今年こそこれまでのシーズンで最も充実しているといえるでしょう。

そのことを示したのが前走のキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークス(海外G1、2400㍍・芝)においては「絶対的女王」と誰しもが認めるあのエネイブルにわずかクビ差まで迫る接戦を演じました。

今回そんな「目の上のたんこぶ」的なエネイブルが不在の1戦。「女王へ最も近い馬」が自分であることを示すためにも結果が求められるレースとなります。

2番手評価となっているのが姉にフランスオークスを制したスターオブセヴィルを持つ、キングオブコメディ(King Of Comedy)。オッズは4.33倍となっています。

キングオブコメディ

前走のセントジェームズパレスステークス(海外G1、1600㍍・芝)では2着入線も、このレースの1着馬や3着入線のトゥーダーンホットが、古馬相手となるサセックスステークス(海外G1、1600㍍・芝)において1、2着を独占するなど、レースレベルの高さがうかがえました。

ポイントとなるのはキングオブコメディがこれまでマイル戦のみを戦ってきたという点。2ハロン分の延長は決して楽なものではありません。同厩舎のトゥーダーンホットとの単なる使い分けか、それとも確たる自信があってのことか、この部分の判断が難しいところです。

今回、セントジェームズパレスステークスを制したサーカスマキシマス(Circus Maxims)も参戦予定。オッズは10.00倍と上位勢とはやや離された形となっていますが、2100m戦のディーステークスを制した実績もあり、距離面の不安もなく、オッズ上の開きより実力差はないとも感じます。

マキシマムセキュリティよりも高評価となる3番手評価の5.50倍オッズは良血馬ジャパン(Japan)。

ジャパン

前走でパリ大賞典(海外G1、2400㍍・芝)を快勝し初G1勝利。同馬の魅力はこれまで1400m~2400mまで幅広い勝鞍があるという点でしょう。スピード競馬もスタミナ競馬もこなせる自在性は、他馬にはない強みです。

古馬で言えば今年になって好調を維持するマジカル(Magical)にも注目が集まります。オッズは11.00倍です。

マジカル

昨年秋から戦績が安定しはじめ、今年に入ってからは7馬身差の圧勝で制したタタソールズ金杯(海外G1、2000㍍・芝)を含めて5戦3勝2着2回と好成績。

その2着2回の内容も、クリスタルオーシャン、エネイブルに敗れたものであり、特に前走のエクリプスステークスにおいてはエネイブルに3/4馬身に迫る好走をみせました。

プリンスオブウェールズではクリスタルオーシャンではなくマジカルが1番人気だったことを考えればこの評価は陣営にとっても悔しいものでしょう。雪辱を誓います。

日本から引き続きイギリス競馬に挑むのがシュヴァルグラン(Cheval Grand)。評価は23.00倍となっています。

シュヴァルグラン

ジャパンカップ(G1、2400㍍・芝)での勝利やドバイシーマ(海外G1、2400㍍・芝)での好走などを考えると、やや距離的に短いという見方もありますが、兄弟であるヴィブロスなどの活躍をみても、海外競馬に強い血統であることは確か。イギリス2戦目となる今回は是非とも前進を期待したいところです。

1番手評価こそクリスタルオーシャンに付されていますが、3歳馬と古馬では3.5キロもの斤量差がある英インターナショナルステークス。そういったことからも、実績以上に3歳馬たちの評価が高くなっている傾向にあります。

果たしてここを勝利し、先々のビッグレースに弾みをつけるのはどの馬、そして陣営か。英インターナショナルステークスは、8月21日水曜日、23時35分発走予定です。

10Bet 概要
10Bet 登録方法
NETELLER から10Betに入金
Skrill(Moneybookers)から10Betに入金
10Bet BET方法
10Bet 出金方法

【ピナクル】セリエA2019-2020:リーグ9連覇へ挑戦するユベントスがブックメーカー発表の優勝オッズで大本命1.4倍!

2019年8月13日

クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)

リーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグ、ブンデスリーガと並びヨーロッパ4大リーグの1つと称されるイタリアのトップリーグ、セリエAがまもなく開幕の時を迎えようとしています。

2019-2020年シーズンのセリエAは8月24日(土)に開幕。そして来年5月24日(日)の第38節で決着の時を迎える予定となっています。

ピナクル ロゴオッズが最も高いブックメーカーで人気の「Pinnacle(ピナクル)」が優勝オッズを発表していますので、その数字を参考に大会展望をご紹介していきます。

復活を遂げつつあるかつての世界最強リーグ、セリエA

セリエA優勝杯

ヨーロッパ4大リーグの一角であるセリエAはユベントス、インテル・ミラノ、ACミランのBIG3を中心に長年ヨーロッパサッカーの最先端を走り、2000年代前半には世界最強リーグの名をほしいままにするほどの強さと人気を誇りました。

しかし2006年に発覚した八百長問題でユベントスが2部降格、ACミラン、ラツィオ、フィオレンティーナ、レッジーナらが勝ち点はく奪処分を受け、セリエAは苦難の時を迎えます。

その後BIG3で唯一清廉潔白だったインテル・ミラノが2010年にUEFAチャンピオンズリーグを制して主要3冠制覇を達成するなど明るい話題もありましたが、ユベントスらの長年の腐敗の影響は大きく、リーガ・エスパニョーラやプレミアリーグに大きく溝を開けられる結果となりました。

それでも近年は復活を遂げたユベントスがUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出したり、リーグ連覇を続けるユベントスとナポリやインテル・ミラノらが優勝争いを繰り広げたりと、セリエAはかつての栄光時代を少しずつ取り戻しつつあります。

2018-19年もユベントスが制覇し、前人未到の8連覇を達成

ユベントス(昨年度優勝セレモニー)

2018-2019年のセリエAを制したのはユベントス。自身の歴代記録をさらに更新する8連覇を達成しています。シーズン序盤から首位に立ったユベントスはその後も快調に勝ち点を重ね、一時はナポリに接近されるも突き放し、最終的には勝ち点差11をつけての圧勝劇となりました。ナポリはこれで2年連続の2位となっています。

ユベントスからの王座奪還を狙ったインテルはシーズン序盤の出遅れも響き、さらには最終盤にアタランタにも追い抜かれた結果なんとかUEFAチャンピオンズリーグ出場権を確保する4位に留まる結果に。2年連続で4位となったことでルチアーノ・スパレッティ監督も退任という結果に終わりました。

セリエBにはエンポリ、フロジノーネ、キエーヴォの3チームが降格。新シーズンはブレシア、レッチェ、ヴェローナの3チームが昇格に成功しています。

優勝オッズ

【イタリア・セリエA2019優勝オッズ】
セリエA2019-2020優勝オッズ※オッズは13日午前10時現在
ピナクル 登録方法

ブックメーカー「Pinnacle(ピナクル)」が発表した優勝オッズによると、昨シーズンを制したユベントスが1.425倍で最有力となっています。

2番手にはインテルで4.800倍、3番手には昨季2位のナポリで6.280倍と続いています。4番手からはオッズが2桁となり、ACミランが17.310倍、5番手にはASローマで27.950倍となっています。

盤石の態勢を整える絶対王者ユベントス、さらなる連覇はゆるぎない

マタイス・デ・リフト(ユベントス)

昨シーズン加入したクリスティアーノ・ロナウドが見事な活躍を見せ、世界的にも大きく注目度を増したユベントス。9連覇を目指し、さらに意気軒高といったところでしょう。

昨シーズン終了時点で2014年から指揮を執っていたマッシミリアーノ・アッレグリ監督が退任。前チェルシー監督で以前ナポリの指揮を執っていたイタリア人監督マウリツィオ・サッリ監督が後任に就任しました。

アヤックスから昨年の躍進を支えた超新星DFマタイス・デ・リフトを約93億円で獲得。19歳とは思えない堂々たるプレーぶりからメガクラブ間での激しい争奪戦となっていましたが、ユベントスが見事口説き落としています。今シーズンもスキなしの陣容を築き上げているユベントスの9連覇を阻むことができるクラブは現れるのでしょうか。

新体制のもと、インテルは今季こそ宿敵ユベントス超えを果たしたい

ロメル・ルカク(インテル・ミラノ)

アントニオ・コンテ監督とジュゼッペ・マロッタCEOという、かつて八百長によりセリエBへの降格を経験し、低迷していたユベントスを復活させた黄金コンビを再結成させたインテル。

宿敵ユベントスを象徴するような2人を起用するという禁断の果実に手を出したインテルの、今シーズンに賭ける強烈な思いをうかがうことができる人事となりました。

移籍市場ではディエゴ・ゴディンやニコラ・バレッラ、ステファノ・センシといった実力者を多く獲得し、戦力を拡張。さらにマンチェスター・ユナイテッドから約95億円のクラブレコードでベルギー代表FWロメル・ルカクの獲得に成功。新監督コンテの希望に合わせた充実の戦力を構築することができています。

いよいよユベントス超えへ準備の整ったインテル。2010年以来の優勝を果たし、ユベントスの9連覇を止める戦いぶりに世界中の期待がかかっています。

名門復活へ、守備の国で冨安は自身の価値を証明できるか

冨安健洋(ボローニャ)

世界一ディフェンスのレベルが高いとされる“守備の国”イタリアにセンターバックとして初めて足を踏み入れることとなった日本代表CB冨安健洋。リーグ優勝経験のある名門にしてかつて中田英寿も所属したボローニャに今シーズン加入しました。

今シーズンは主に右サイドバックとしての出場が見込まれていますが、ビジャレアルとのプレシーズンマッチで早速ゴールを決めるなど、ファンのハートをがっちりと掴んでいます。

昨シーズンは10位と善戦したボローニャですが、得失点差は-8。さらに順位を上昇させ、UEFAヨーロッパリーグ出場権を狙うには得失点差をプラスに変えることができるだけの守備力向上が必要となるでしょう。冨安は名門復活の切り札となることができるでしょうか。


ピナクル 概要
ピナクル 登録方法
NETELLER からピナクルに入金
Skrill(Moneybookers)からピナクルに入金
ピナクル BET方法
ピナクル 出金方法