自宅でのスポーツをもっと面白く!〜野球からeスポーツまで〜

2020年5月10日

ダルビッシュ有

メジャーリーグに懸ける!

今やYouTubeでも49万人以上の登録者数を誇るダルビッシュ有投手!ダルビッシュ選手は現在シカゴ・カブスに所属されています。先日、同球団で約30年にわたりゼネラルマネージャーや副社長などを務めたエルドレッド・ソルトウェル氏が96歳という長く立派な人生の幕を閉じられました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。ソルトウェル氏は1958年よりシカゴ・カブスで秘書や会計補佐、副社長、ゼネラルマネージャー、コンサルタントなどといったさまざまな役職を務められ、尽力をつくされました。

シカゴ・カブスはメジャーリーグのプロ野球チームで、本拠地はイリノイ州シカゴにあります。ダルビッシュ選手は2018年にシカゴ・カブスと6年契約で合意、2020年には開幕投手に選ばれるなど大躍進を続けています。メジャーリーグの開幕延期により中断を余儀なくされていますが、今後もダルビッシュ選手がカブスの成功の鍵を握る人物であることは間違いありません。

さてこのメジャーリーグの開幕延期も含めて、様々なイベントの中止や延期が重なる事態に精神的にもほんと辛くなってきたこの時期。楽しみにしていたイベントなどが全てダメになり、出かける予定もキャンセルでスケジュールがスカスカ。特にスポーツ関連の試合の延期や中止は、もともとがアクティブな素質を持っているだけに肉体的にも精神的にも大きな影響を受け、非常に辛いものがあります。スポーツ観戦が好きだけど仕方なくNetflixを観て時間をつぶしている、体がうずうずしてしょうがない、なんていう人も多いんじゃないでしょうか?

eスポーツに賭ける!

リーグ・オブ・レジェンド

そこで朗報です!従来のスポーツの試合がことごとく見られない中、「eスポーツ」というジャンルがスポットを浴びており、それがまたかなりのポテンシャルを秘めているんです!2018年には業界全体で既に約1000億円に達しており、2021年には1800億円超え、2022年に3000億円を超えるともいわれている市場です。さらに2024年に開催されるパリ・オリンピック&パラリンピックの新種目としても採用が検討されています。

eスポーツとはエレクトロニック・スポーツの略で、いわゆるビデオゲームでの対戦のことをいいます。このeスポーツが昨今の事情を鑑みて、さらに世界中で大きな盛り上がりを見せているというわけです。

具体的にいうとベッティングサイトで配信されている「リーグ・オブ・レジェンド」のプロゲーマーたちの戦いに賭けることができる、などといったもの。どちらのチームが勝つのか、因縁のライバル同士の戦いをハラハラしながら観戦するのは滝汗ものです。自分がそのゲームをしたことがある場合はなおさら。焦りがじかに伝わってきて、緊張で心臓がドキドキします。その臨場感はまさに自分がプレイしている時の興奮そのもの!

ジャンルとしては主にシューティング、MOBA、RTS、格闘ゲーム、スポーツ、カードゲーム、パズルゲームの7つに分けられており、今最も人気のある「リーグ・オブ・レジェンド」や「Dota2」はMOBAというカテゴリになります。 こういったeスポーツに実際に賭けるにはブックメーカーを利用します。ブックメーカーとは主にスポーツなどの勝敗を賭けたりすることが出来るサイトで、その中に「eスポーツ」というジャンルがあるわけです。興味があれば一度このスポーツベッティングができるサイトをご覧いただければ、と思います!

未来を駆ける!

eスポーツへの各業界からの積極的な参入も始まっています。auがプロeスポーツチームとのスポンサー契約を締結、イオンが協賛企業として賞金を提供、テレビ局がプロチームを結成、日清食品やコカコーラが大会に出資するなどなど、誰もが知っている企業が興味を持ち始めてどんどん身近なものとなってきているんです。そう、ゲーム産業は盛り上がっていく一方なんですよ!

eスポーツの試合の様子はYoutube等の動画系サイトで確認することができます。ぜひ一度チェックしてみてください!

リーグ・オブ・レジェンドトップチーム

【関連情報】

ecoPayz
ecoPayz 登録方法と入金方法

【問い合わせ】http://bookmaker-info.com/contact