【bet365】皐月賞2019:荒れる春のクラシック初戦で1番人気はホープフルS制覇のサートゥルナーリアで2倍オッズ!

2019年4月11日

皐月賞

昨年の牝馬三冠馬アーモンドアイの完勝劇の翌週には、そのアーモンドアイがマークした桜花賞レコードをグランアレグリアが破る圧勝劇を見せるなど、正に目まぐるしく歴史が塗り替えられていく春のクラシック。いよいよ今週末は3歳クラシックの第一冠目、皐月賞(G1、2000㍍・芝)が、中山競馬場で開催されます。

昨年は「世代ナンバーワン」と謳われていたダノンプレミアムが本番前にまさかの離脱。その結果、7番人気のエポカドーロが勝利、3連単も37万馬券と大荒れの決着となりました。

過去5年間で1番人気の勝利はゼロ。直近3年間に限って言えば8番人気、9番人気、7番人気が勝利している「荒れるG1レース」皐月賞。平成最後の皐月賞馬にして、時代をまたぐ三冠馬への権利を手にするのはどの馬か?

【皐月賞2019枠順】
1-1 アドマイヤマーズ(牡3、M.デムーロ・友道康夫)
1-2 サトノルークス(牡3、池添謙一・池江泰寿)
2-3 ファンタジスト(牡3、武豊・梅田智之)
2-4 ダノンキングリー(牡3、戸崎圭太・萩原清)
3-5 ランスオブプラーナ(牡3、松山弘平・本田優)
3-6 クラージュゲリエ(牡3、横山典弘・池江泰寿)
4-7 ヴェロックス(牡3、川田将雅・中内田充正)
4-8 ニシノデイジー(牡3、勝浦正樹・高木登)
5-9 メイショウテンゲン(牡3、三浦皇成・池添兼雄)
5-10 シュヴァルツリーゼ(牡3、石橋脩・堀宣行)
6-11 ラストドラフト(牡3、A.シュタルケ・戸田博文)
6-12 サートゥルナーリア(牡3、C.ルメール・角居勝彦)
7-13 ブレイキングドーン(牡3、福永祐一・中竹和也)
7-14 ダディーズマインド(牡3、宮崎北斗・青木孝文)
7-15 クリノガウディー(牡3、藤岡佑介・藤沢則雄)
8-16 タガノディアマンテ(牡3、田辺裕信・鮫島一歩)
8-17 アドマイヤジャスタ(牡3、岩田康誠・須貝尚介)
8-18 ナイママ(牡3、柴田大知・武藤善則)
※11日午後6時更新

bet365注目各馬へのご紹介へ移る前に、まずはブックメーカー「bet365」から発表されているオッズをご確認いただきましょう。

【皐月賞2019オッズ】
皐月賞2019オッズ※オッズは10日午後1時現在
bet365 登録方法

2.00倍と一番手評価に推されたのは、今年の3歳勢の中で最もデビュー前の評判から高かったと呼べるサートゥルナーリア(Saturnalia)。

サートゥルナーリア

母は日米オークス制覇のシーザリオ。父はアーモンドアイでおなじみのロードカナロア。兄弟にはジャパンカップ(G1、2400㍍・芝)を制したエピファネイアを持つなど、まさに現代の日本競馬における最高峰の良血馬と呼べるサートゥルナーリア。

その期待を一切裏切ることなく、昨年暮れのホープフルステークス(G1、2000㍍・芝)を3連勝で制覇。改めて「モノが違う」という印象を受けました。

今回はそのホープフルステークスから直行ローテーションでさつき賞へと挑むことになりますが、先週桜花賞を制したグランアレグリアも年末からの直行ローテーション。しっかりと結果を残しているだけに今やその点を不安材料と捉える時代は終わりを迎えつつあるのかもしれません。

ただ、気になるのはサートゥルナーリアに関する「騎手問題」。デビューから3戦連続、更にサートゥルナーリアの兄にあたるリオンディーズの手綱もとっていたM.デムーロ騎手から、今回はC.ルメール騎手へと騎乗変更。

ルメール騎手とデムーロ騎手

ホープフルステークスでのやや強引な騎乗の結果、ルメール騎手へと変更になったという話が実しやかに流れていますが、騎乗スタイルの違う両騎手だけにこの乗り替わりがどういった結果をもたらすのかがやや未知数と言えるでしょう。

中心視されるのはやはりサートゥルナーリア。しかし、今年の牡馬クラシック戦線はここまでトライアルにて番狂わせが多く非常に難解な一戦となっています。

近年では皐月賞へ挑む有力ローテーションとして確立されてきた共同通信杯(G3、1800㍍・芝)。勝利したのはダノンキングリー(Danon Kingly)。オッズは二番手評価となる5.00倍です。

ダノンキングリー

朝日杯フューチュリティステークス(G1、1600㍍・芝)を制したアドマイヤマーズが単勝オッズ1.7倍の断然人気に推される中、7頭立ての4番手から一気の末脚でまとめて差し切り完勝。サートゥルナーリアと同じく3連勝で皐月賞へ挑むこととなります。

鞍上は昨年、エポカドーロで皐月賞を制した戸崎圭太騎手。

戸崎圭太騎手

サートゥルナーリアの騎手交代劇とは真逆でデビュー前からダノンキングリーにまたがり続けた戸崎騎手。「日に日に身体が出来てバネがすごく強くなってきている」と、その成長力に確かな自信をのぞかせます。

桜花賞であと一歩のところまで迫ったダノン軍団悲願のクラシック初制覇。この皐月賞の舞台で叶えることが出来でしょうか。

一方、共同通信杯でダノンキングリーに敗れはしたものの、やはり軽視できないのはアドマイヤマーズ(Admire Mars)。オッズも6.00倍と依然高い評価を得ています。

アドマイヤマーズ

共同通信杯ではハナに立つも2着。騎手、調教師ともに思った形のレースが出来ず「仕方がない」とコメント。理想はやはり前に馬を2~3頭置いての直線抜け出しということでしょう。

血統的な面や、気難しい面からも2000mに対して懐疑的な声は聞こえる一方、これまで積み上げてきた実績は並の馬でないことは確か。真価を問われる一戦となります。

上位3頭に差がなく6.50倍で続くのが、若葉ステークス(OP、2000㍍・芝)を制したヴェロックス(Velox)。血統面でも大きな注目が集まります。

ヴェロックス

昨年産駒がデビューし、次々と勝ち上がりを決めていったジャスタウェイ産駒。数多くの素質馬がいた中でその中の筆頭格と言えたのがこのヴェロックスでした。素質は上位勢に引けをとらないであろう存在ですが、いかんせん未知数なのが「血統的な適性」という部分。

これまで30勝を挙げているジャスタウェイ産駒ですが、中山での勝利はそのうち2勝のみ。これをどうとらえるかが同馬の取捨選択におけるひとつのポイントでしょう。リーディングトップを走る川田騎手が手綱を取るだけに、非常に難しく、怖い一頭です。

皐月賞への王道トライアルといえば弥生賞(G1、2000㍍・芝)。しかし、今年は雨降りしきる重馬場ということも相まってか3連単45万馬券という大荒れの結果となりました。

そんな高額万馬券の立役者がメイショウテンゲン(Meisho Tengen)。オッズは21.00倍と中穴評価です。

ディープインパクト産駒でありながら、これまでの戦績や母のメイショウベルーガが晩成傾向だったことからも成長までいましばらく時間がかかると考えられていた中での勝利は、陣営にとっても大きな収穫だったでしょう。道悪になればこの馬が台頭してくる場面も十分あり得ます。

このレースで敗れたのが2歳重賞を2勝しているニシノデイジー(Nishino Daisy)。オッズは15.00倍。

ニシノデイジー

前哨戦であることを考えれば、結果よりも内容を重視するべきなのかもしれませんが、馬自体よりもやや不安なのは主戦騎手である勝浦正樹騎手が今年ここまで「未勝利」であるという点。人馬共に立て直してこられればといったところでしょうか。

昨年の覇者エポカドーロが誕生したトライアル、スプリングステークス(G2、1800㍍・芝)も波乱の結果となりました。

勝利したエメラルファイト(Emeral Fight)は当日10番人気の伏兵評価、今回も21.00倍と伏兵評価に変わりはありません。前走後は鞍上の石川裕紀人騎手から「最後の坂で一瞬止まったかと思ったけれど、後ろから馬がきてもう一度ぐっと伸びた」と、勝負根性の高さをうかがわせるコメント。所属する相沢調教師との師弟コンビでクラシック制覇を目指します。

エメラルファイト

一方で大接戦の2着となったのが、1番人気に推されていたファンタジスト(Fantasist)。今回は15.00倍のオッズを付されています。

もともとスプリント路線で結果を残してきた馬だけに、1800mへの距離対応が注目視されていましたが、しっかりとアタマ差2着まで追い込んだことを考えればかなりの収穫。もう1ハロンへの対応がカギとなるでしょう。

「中心視はサートゥルナーリアであれど、絶対視はできない」というのが、オッズから読み取れるブックメーカーの評価でしょうか。注目の皐月賞は4月14日15時40分発走予定です。

Summary
Article Name
【bet365】皐月賞2019:荒れる春のクラシック初戦で1番人気はホープフルS制覇のサートゥルナーリアで2倍オッズ!
Author
Description
ブックメーカー「bet365」が皐月賞2019の単勝オッズ発表。1番人気はサートゥルナーリア。レース展開や注目馬、枠順などを展望する。

【関連情報】
bet365 バナー
bet365 概要
bet365 登録方法
bet365 登録方法(スマホ)
bet365 本人確認(KYC)
Entropay からbet365 に入金
NETELLER からbet365 に入金
Skrill(Moneybookers) からbet365 に入金
bet365 BET方法
bet365 出金方法

ecoPayz
ecoPayz 登録方法と入金方法

【問い合わせ】http://bookmaker-info.com/contact

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です