【ウィリアムヒル】英ダービー&オークス2017:ダービーはクリスオブモハー&クラックスマン、オークスはロードデンドロンが1番人気とブックメーカー

2017年6月1日

英ダービー&オークス2017

日本のオークス、ダービーが終了し、いよいよ本場イギリスダービー(海外G1、2400㍍・芝)、そしてイギリスオークス(海外G1、2400㍍)を迎えることとなります。

イギリスダービー2017

最大の注目馬として目されていた、イギリス三冠の一冠目である英国2000ギニー(海外G1、1600㍍・芝)を制したチャーチル(Churchill)がマイル路線を進むことを表明し、5月27日に行われたアイルランド2000ギニーへと出走し、快勝しました。

もう1頭、面白い存在として英国民の注目を集めていたのがコールトゥマインドという馬がダービーに出走できるか否かという点。

エリザベス女王

実はこの馬、エリザベス女王が生産し、所有していた1頭。残念ながら出走はかないませんでしたが、今年は大一番前からかなりの盛り上がりを見せていました。

ウィリアムヒルそんな大盛り上がりの英国ダービー。今年はオッズ上で2強の様相を呈することとなります。まずは、老舗ブックメーカー「William Hill(ウィリアムヒル)」が発表しているオッズをご確認いただきたいと思います。

【英ダービー2017単勝オッズ】
英ダービー2017単勝オッズ
英ダービー2017単勝オッズ
※オッズは1日午前9時現在

まず1頭は、デビュー戦から2戦2勝の成績で臨むこととなったフランケル産駒のクラックスマン(Cracksman)です。現在5.00倍となっています。4月26日にダービーと同じ舞台で行われた、日本の青葉賞のような存在であるダービートライアルステークスを快勝。

クラックスマン

この事実だけならば、勢いのある3歳馬という評価に終わりますが、ダービートライアルステークスにおいて2着に入線したパーミアン(Permian)がその後、こちらも英国ダービーへの前哨戦としてかなり重要視されているダンテステークス(海外G2、約2092㍍・芝)を制したため、更にクラックスマンの評価を上げる要因となりました。

とはいえ、ダービートアライアルステークスにおけるクラックスマンとパーミアンの着差は僅かに「クビひとつ」。

ローテーション的に余裕のあるクラックスマンと、ダンテステークスを含めてトライアル後に2戦を消化し、大一番前に使い込んでいるパーミアン。どちらが良い状態で本番を迎えることが出来るでしょうか。

オッズ上での判断だと、パーミアンは10.00倍と、やや低い評価です。

もう1頭、今年の英国ダービーにおいて注目されているのがLRディーステークスを制したクリスオブモハー(Cliffs of Moher)。こちらは現在5.00倍。

クリスオブモハー

実績こそ3戦2勝、そして重賞勝利経験があるわけではないですが、注目されるべきは馬自身ではなく、むしろ管理している厩舎にあると言えます。

今年のエイダン・オブライエン厩舎はここまでイギリス1000ギニー・アイルランド1000ギニー・イギリス2000ギニー・アイルランド2000ギニーと、両国間のクラシックレースを目下4連勝中。

後々でご紹介させていただくイギリスオークスの中心的存在もオブライエン厩舎の管理馬。前代未聞の「同一年クラシックレース6連勝」という偉業達成なるかという点にも、大きな関心が寄せられています。

エイダン・オブライエン

ちなみに日本のダービーにおいても、今年池江厩舎と音無厩舎がそれぞれ3頭ずつ送り込むことをお伝えしましたが、今年のオブライエン厩舎はイギリスダービーになんとすべてで7頭もの出走を予定。

まさに「ダービーを獲りに来ている」といった熱気が、これだけのことからも伝わってきます。

そんなオブライエン厩舎の中からもう1頭ご紹介するとすれば、カプリ(Capri)でしょうか。12.00倍のオッズとなっています。

今年に入ってはG3グレードにおいて4着、3着と結果を残し切れていませんが、2歳時にはベレスフォードステークス(海外G2、1600㍍・芝)を制するなど、今年のイギリスダービー出走馬の中では高い実績を持っていると言えます。

2強、そして先ほどその中でご紹介させていただいたパーミアンの他にご紹介しておきたいのは、ベストソリューション(Best Solution)、そしてエミネント(Eminent)の2頭。

13.00倍となっているベストソリューションはここまでデビューから9戦を消化。しかし2歳時には重賞勝利やクリテリウムドサンクルー(海外G1、2000㍍・芝)において2着に入線。

3歳になっても前哨戦であるイギリスダービートライアルステークスにおいて3馬身差以上を付ける快勝。距離適性という部分に関しては出走馬屈指です。

もう1頭、7.00倍となっているエミネント。

エミネント

こちらは1冠目であるイギリス2000ギニーからの出走となります。残念ながら同レースでは6着と敗れましたが、その前哨戦であるクレイヴァンステークス(海外G3、1600㍍・芝)においては勝利。

クラックスマンと同じくフランケル産駒であることから、距離延長に対して期待を込めてこの評価といったところでしょう。

イギリスオークス2017

ダービーのみならず、今年のクラシック戦線で大きな注目を集めるエイダン・オブライエン厩舎がやはりイギリスオークスでも中心的存在となっています。

まずは、こちらも老舗ブックメーカー「William Hill(ウィリアムヒル)」が発表しているオッズをご確認いただきたいと思います。

【英オークス2017単勝オッズ】
英オークス2017単勝オッズ
※オッズは1日午前9時現在

中心視されているのがロードデンドロン(Rhododendron)。2歳時にはフィリーズマイル(海外G1、1600㍍・芝)を制するなど、5戦3勝。今年の初戦となったイギリス1000ギニーでも1番人気に推されていましたが、ここは勝ちきれずに2着。

ロードデンドロン

それでも、過去の実績や父ガリレオという血統面も含めて、今年のオークスはこの馬で決まりではないかという空気が、1.91倍という高い評価の既にオッズ上からも現れています。

ロードデンドロンに対抗しうる可能性が最も高いとされているのは、サンタラリ賞(海外G1、2000㍍・芝)を制したソベツ(Sobetsu)でしょうか。

2000mをこなせたことは、2400mで行われるオークスを迎えるにあたって非常に大きなアドバンテージ。

しかし、サンタラリ賞の2着馬が未勝利馬だったことなどを考えると、決して高い評価を下すまでには至らないからこそ、9.00倍というオッズと、ここまでロードデンドロンが高い評価になっているとも考えられます。

ご紹介しているブックメーカーでは11.00倍。各社4番手評価に挙げる馬が、サンタラリ賞で3着だったコロネット(Coronet)であることを考えても、やはり今年はロードデントロンがやや抜けていると考えるのが妥当かもしれません。

オブライエン厩舎の偉業達成なるか、それとも他厩舎が意地を見せるのか。

イギリスオークスは日本時間の6月3日(土)午前0時30分に、イギリスダービーは6月4日(日)午前0時30分にそれぞれ発走します。

Summary
Article Name
【ウィリアムヒル】英ダービー&オークス2017:ダービーはクリスオブモハー&クラックスマン、オークスはロードデンドロンが1番人気とブックメーカー
Author
Description
エプソンダービー&オークス2017のレース展望とブックメーカー発表の単勝オッズ。2日と3日に行われるイギリスの大一番を制するのはどの馬か?

【関連情報】
ウィリアムヒル
ウィリアムヒル 概要
ウィリアムヒル 登録方法
NETELLER からウィリアムヒルに入金
Skrill(Moneybookers)からウィリアムヒルに入金
ウィリアムヒル BET方法
ウィリアムヒル 出金方法

EntroPay
EntroPay 登録方法と入金方法

ecoPayz
ecoPayz 登録方法と入金方法

【問い合わせ】http://bookmaker-info.com/contact

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です