【bet365】朝日杯フューチュリティステークス2018:2歳牝馬グランアレグリアがブックメーカー発表オッズで1番人気!

2018年12月13日

朝日杯フューチュリティステークス

香港国際競走では、日本馬のリスグラシューやヴィヴロスたちが健闘するも2着まで。今年は勝利を挙げることが出来ず残念な結果となりました。

地方競馬の全日本2歳優駿や東京大賞典を含めても今年開催されるG1レースは残り5つとあとわずか。そんな中今週末迎えるのが先週の阪神ジュベナイルフィリーズと同じく阪神競馬場で開催される2歳マイル王決定戦、朝日杯フューチュリティステークス(G1、1600㍍・芝)です。

混合G1となったとはいえ、やはり『牡馬の戦い』のイメージが強い朝日杯フューチュリティステークスですが、今年に限っては最も注目を集めるのが『牡馬』ではなく『牝馬』となりました。

【朝日杯フューチュリティステークス2018枠順】
1-1 クリノガウディー(牡2、藤岡佑介・藤沢則雄)
2-2 グランアレグリア(牝2、C.ルメール・藤沢和雄)
2-3 アスターペガサス(牡2、福永祐一・中竹和也)
3-4 ドゴール(牡2、津村明秀・黒岩陽一)
3-5 マイネルサーパス(牡2、丹内祐次・高木登)
4-6 アドマイヤマーズ(牡2、M.デムーロ・友道康夫)
4-7 ソルトイブキ(牡2、四位洋文・木原一良)
5-8 ディープダイバー(牡2、川田将雅・大久保龍志)
5-9 イッツクール(牡2、松田大作・武英智)
6-10 ヒラソール(牡2、岩田康誠・加用正)
6-11 ケイデンスコール(牡2、C.デムーロ・安田隆行)
7-12 コパノマーティン(牡2、坂井瑠星・村山明)
7-13 ニホンピロヘンソン(牡2、浜中俊・安達昭夫)
8-14 ファンタジスト(牡2、武豊・梅田智之)
8-15 エメラルファイト(牡2、W.ビュイック・相沢郁)
※14日正午更新

bet365そんな大注目、そして歴史的一戦となりそうな朝日杯フューチュリティステークスの出走各馬のご紹介へ移る前に、まずはブックメーカー「bet365」で発表しているオッズをご確認いただきましょう。

【朝日杯フューチュリティステークス2018オッズ】
朝日杯フューチュリティステークス2018オッズ※オッズは12日午前11時現在
bet365 登録方法

「朝日杯フューチュリティステークス2018最新オッズ情報」by bet365

1番手評価の2.00倍に推されたのは、現段階でも今年の2歳牝馬路線最上位クラスの誉れ高いグランアレグリア(Gran Alegria)です。

グランアレグリア

デビュー戦、そして2戦目となるサウジアラビアロイヤルカップ(G3、1600㍍・芝)においても、出遅れ・道中掛かり気味という状況ながらも最終的には圧勝。牡馬相手でもその実力をしっかりと見せつけました。

ただし、どちらかといえば内容が濃かったのはデビュー戦。このレースも2着に2馬身差をつけての完勝劇でしたが、この時の2着馬が先週の阪神ジュベナイルフィリーズを勝利したダノンファンタジー。並大抵の馬ではないことを伺わせます。

新馬戦後にC.ルメール騎手からも「馬がすることをわかってる。勝てる自信もあったし、ゴール後も余裕で伸びた。将来が楽しみ」と、早くもクラシックに向けて手ごたえを感じさせるコメントも聞かれました。

とはいえ、不安要素があることも事実。その最たるは、これまで2戦とも関東圏でレースをしており今回が初めての遠征となる点。更には前走で出遅れや掛かりを見せて勝利していることは、実力の高さを示すとともに脆さがあるということを露呈しているのも同じ。この点をどうカバーしてくるかがポイントとなりそうです。

対する牡馬たちにも素質馬が。その中の代表格といえるのはここまで3戦3勝のアドマイヤマーズ(Admire Mars)。オッズ3.00倍は2番手評価となっています。

アドマイヤマーズ

夏シーズンに2連勝を挙げ早々に本賞金を確保すると、秋初戦となったデイリー杯2歳ステークス(G2、1600㍍・芝)では馬体重+12キロと大幅に成長。そしてしっかり勝ち切る強い競馬を見せました。

元々陣営としても「完成度の高い馬」と評価していたことに加え、ここまでマイル戦にこだわって使い続けている点など耽々と「朝日杯獲り」に向けて準備をし続けてきている雰囲気が漂います。

鞍上は12月頭にチャレンジカップ(G3、2000㍍・芝)そしてチャンピオンズカップ(G1、1800㍍・ダート)と、重賞、G1を連勝したM.デムーロ騎手。

Mデムーロ騎手

この秋冬の絶不調をようやく払拭するような騎乗ぶりを見せた先週末。勢いに乗った時は日本一怖い騎手だけに、馬の実力を考えてもグランアレグリアばかりを追うのは禁物かもしれません。

牝馬三冠、ジャパンカップを勝利したアーモンドアイや、マイルチャンピオンシップを勝利したステルヴィオなど、デビュー馬が2歳、3歳馬のみにもかかわらず現在サイアーリーディング6位につけているロードカナロア。

そのロードカナロア産駒2歳、現段階で今年の筆頭と呼べるのがファンタジスト(Fantasist)。こちらも上位2頭に肉薄する4.00倍のオッズとなっています。

ファンタジスト

ここまで重賞2連勝。前走はハナ差の勝利も、その相手は強い競馬で2連勝中だったアウィルアウェイをしのいでの勝利。更にレース自体もこれまでとは違った「やや溜め気味の競馬」で挙げただけに、このレースで鞍上の武豊騎手も「競馬を教え込んでいた」という印象を受けます。

加えて馬体重はデビューした7月から前走までで+26キロと着実にボリュームアップ。成長度合いで言えば先ほどのアドマイヤマーズをしのぐ勢いやもしれません。

しかし、前走1400mから朝日杯フューチュリティステークスに臨むローテーションの馬はここまで勝利はおろか馬券圏内もナシというデータも。ロードカナロア旋風に乗りそんなデータを打ち崩す走りを期待したいところです。

ロードカナロア産駒からもう1頭。こちらもファンタジストと同じく重賞勝利を挙げているケイデンスコール(Cadence Call)です。オッズは9.00倍となっています。

ケイデンスコール

新馬戦こそハナ差で勝利を逃すも、実はこの相手が先ほどご紹介したアドマイヤマーズ。その後は未勝利戦、新潟2歳ステークス(G3、1600㍍・芝)と、キッチリ勝利。今回は4か月半の休み明けで大舞台を迎えることになりますが状態は上々。

これまで3戦連続最速の上りを見せた末脚と、重賞勝利、そして世代屈指の実力馬アドマイヤマーズにハナ差まで迫った実績を考えれば決して侮ってはならない存在でしょう。9.00倍というオッズ以上に上位勢との差は少ないとも見受けられます。

その他、函館2歳ステークス(G3、1200㍍・芝)を制したアメリカの名門牧場生産の良血馬アスターペガサス(Aster Pegasus)。前走は逃げて上がり最速で2連勝を飾ったニホンピロヘンソン(Nihonpiro Henson)などが出走予定ですが、両頭は17.00倍とオッズ的にみても上位の4頭がかなり高い評価となっています。

グランアレグリアの偉業達成か、それとも牡馬たちがそれに待ったをかけるのか。
朝日杯フューチュリティステークスは、12月16日(日)15時40分発走予定です。

Summary
Article Name
【bet365】朝日杯フューチュリティステークス2018:2歳牝馬グランアレグリアがブックメーカー発表オッズで1番人気!
Author
Description
2歳マイル王決定戦「朝日杯フューチュリティステークス2018」のオッズをブックメーカー「bet365」が発表。注目馬やレース展望をレビューする。

【関連情報】
bet365 バナー
bet365 概要
bet365 登録方法
bet365 登録方法(スマホ)
bet365 本人確認(KYC)
Entropay からbet365 に入金
NETELLER からbet365 に入金
Skrill(Moneybookers) からbet365 に入金
bet365 BET方法
bet365 出金方法

ecoPayz
ecoPayz 登録方法と入金方法

【問い合わせ】http://bookmaker-info.com/contact

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です